フョードル3世(読み)フョードルさんせい(英語表記)Fëdor III Alekseevich

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

フョードル3世
フョードルさんせい
Fëdor III Alekseevich

[生]1661.6.9. モスクワ
[没]1682.5.7. モスクワ
ロシアのツァーリ (在位 1676~82) 。アレクセイ1世の子として生れたが,病身のため,実際の国政は母方の伯父や廷臣が担当した。彼の時代に行政や軍制近代化が行われたが,なかでも門地制の廃止は重要である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

367日誕生日大事典の解説

フョードル3世

生年月日:1661年6月9日
ロシアの皇帝(在位1676〜82)
1682年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

今日のキーワード

八村塁

プロバスケットボール選手。ポジションはパワーフォワード、スモールフォワード。身長203センチメートル、体重104キログラム。アフリカ・ベナン共和国出身の父と日本人の母をもつ。1998年2月8日、富山県...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android