コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フョードル3世 フョードルさんせいFëdor III Alekseevich

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

フョードル3世
フョードルさんせい
Fëdor III Alekseevich

[生]1661.6.9. モスクワ
[没]1682.5.7. モスクワ
ロシアのツァーリ (在位 1676~82) 。アレクセイ1世の子として生れたが,病身のため,実際の国政は母方の伯父や廷臣が担当した。彼の時代に行政や軍制近代化が行われたが,なかでも門地制の廃止は重要である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

367日誕生日大事典の解説

フョードル3世

生年月日:1661年6月9日
ロシアの皇帝(在位1676〜82)
1682年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

フョードル3世の関連キーワードソフィア・アレクセーエブナソフィヤ・アレクセーブナノヴォデーヴィッチ修道院ピョートル1世(大帝)ピョートル[1世]イワン5世ロマノフ朝生年月日ニコン皇帝

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android