コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フライアッシュ フライアッシュfly ash

翻訳|fly ash

3件 の用語解説(フライアッシュの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

フライアッシュ
フライアッシュ
fly ash

石炭,石油,木材などを燃焼したときに出る廃ガスのなかの細かい灰の粒子。シリカアルミナ酸化カルシウム,炭素などを含む。火力発電所などで,微粉炭から出る廃ガス中のフライアッシュは,コンクリートポゾラン (混和材) となるので,セメントモルタルに混ぜて使用する。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

フライアッシュ

火力発電所等で微粉炭を燃焼させた時の廃ガス中に含まれる球形微粒の石炭灰。煙道から集塵(しゅうじん)装置で捕集し,コンクリートの混和剤として利用。ポゾランの一種で,粒子がなめらかでコンクリートの流動性を改善し,強度,耐久性,水密性を増大する。
→関連項目骨材

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典内のフライアッシュの言及

【石炭】より

…〈灰処理〉として最も簡単なのは投棄や埋立てだが,場所の制約を受け費用もかかる場合が多いので,石炭灰の積極的な利用が重要な課題になっている。現在,石炭の最大の消費先である火力発電所で出る灰は,大部分が電気集塵機で捕集されたひじょうに細かいもので,フライアッシュと呼ばれる。その相当部分はすでにセメントやセメント原料に配合されているが,そのほか道路の路盤材にしたり建材や魚礁の製造に利用する方法も研究中である。…

※「フライアッシュ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

フライアッシュの関連情報