コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

集塵 シュウジン

3件 の用語解説(集塵の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

しゅう‐じん〔シフヂン〕【集×塵】

細かいちりなどを1か所に集めること。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

しゅうじん【集塵 dust collection】

気流中に浮遊している粉塵を分離・捕集する操作。ボイラーのような燃焼装置からの排煙中の煤煙を除去する操作がその代表例であるが,電気掃除機フィルターや,自動車エンジンの吸気孔につけるフィルターもこの集塵機の一種である。捕集する粉塵のほうを目的物とする場合に収塵,清浄化した空気など気体のほうを目的物とする場合に脱塵ということがあるが,現在は集塵の語が一般的に用いられている。最近IC工場でみられるように1m3中に100個以内の粉塵という超清浄空気をつくるのもこの集塵である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

しゅうじん【集塵】

小さいちりや空中のごみを集めること。 「 -袋」

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

集塵の関連情報