コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フラウィウス朝 フラウィウスちょう

2件 の用語解説(フラウィウス朝の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

フラウィウスちょう【フラウィウス朝】

1世紀後半のローマ帝国を支配したフラウィウス家Flaviiの帝室。69‐96年。ネロ帝の死によるユリウス・クラウディウス朝の断絶に続く内乱を収拾したフラウィウス家のウェスパシアヌス(在位69‐79)は元首に迎えられ,その治世には法制が整えられ,官僚制も進展した。彼の後を継いだ長子ティトゥス(在位79‐81)は善政をしいて〈人類の寵児〉とたたえられたが,次子ドミティアヌス(在位81‐96)は恐怖政治に傾いたので,反感をかい暗殺された。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

フラウィウス朝
ふらうぃうすちょう

ローマ帝政期の王朝の一つ。ユリウスクラウディウス朝最後の皇帝となったネロの暗殺に続く内乱を平定して69年に帝位についたウェスパシアヌス(在位69~79)、その息子ティトゥス(在位79~81)、その弟ドミティアヌス(在位81~96)の3代。王朝名は、彼らの氏族名フラウィウスFlaviiによる。彼らはいずれも有能な武将として信望を集め、その治績も国境防衛体制の強化にもっとも著しい。ネロ時代に破綻(はたん)に瀕(ひん)した財政の立て直しにも成功した。ウェスパシアヌスは、ネロ時代の独裁的傾向の失敗に学んで、できるだけ元老院との協調に努めたが、ドミティアヌスの時代になるとふたたび専制的となった。しかし、彼が96年に暗殺されて王朝は絶えた。[市川雅俊]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のフラウィウス朝の言及

【ウェスパシアヌス】より

…在位69‐79年。フラウィウス朝の創始者。ローマ北東サビニ地方レアテの生れ。…

【ローマ】より

…彼はエルサレムを攻略し,他方四帝並立のすきに蜂起していたライン地方のキウィリスGaius Julius Civilisの反乱,ガリアのクラッシクスJulius Classicusの独立運動も破砕された。こうして内乱鎮圧者として〈世界の再建者(レスティトゥトル・オルビスrestitutor orbis)〉として権力を確立したウェスパシアヌスは,自分(在位69‐79)と2人の息子,ティトゥス(在位79‐81)とドミティアヌス(在位81‐96)の帝位を確立し,フラウィウス朝を開いた。 この王朝の下で皇帝はしだいに絶対主義的になった。…

※「フラウィウス朝」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone