コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フラックスマン フラックスマン Flaxman, John

3件 の用語解説(フラックスマンの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

フラックスマン
フラックスマン
Flaxman, John

[生]1755.7.6. ヨーク
[没]1826.12.7. ロンドン
イギリスの彫刻家。イギリス新古典主義彫刻の代表者の一人。 1775年以降 J.ウェッジウッドの製陶工場で原型の製作に従事。 87~94年ローマに留学,この間に美術史家 J.ウィンケルマンの指導を受けた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

フラックスマン【John Flaxman】

1755‐1826
イギリスの彫刻家,挿画家。イギリス彫刻史上最大の人物であるとともに,この国の新古典主義の代表的芸術家。ヨークに生まれ,1775‐87年,当時流行のギリシア趣味を代表する陶芸家J.ウェッジウッドデザイナーとして活動。87‐94年ローマに赴き,古代美術,イタリア美術の研究を深める。ローマで《イーリアス》《オデュッセイア》の挿絵を素描し,93年にその銅版画複製を出版,帰国後アイスキュロスダンテの著作の挿絵を刊行する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

フラックスマン
ふらっくすまん
John Flaxman
(1755―1826)

イギリスの新古典主義の彫刻家、挿絵画家。1770年ロイヤル・アカデミー美術学校に入学。87年から7年間ローマに滞在し、古代彫刻などの研究の間に描いたホメロス(1793)やアイスキロス(1795)、ダンテ(1802)の挿絵によって名声を得た。帰国後はおもにモニュメントの彫像作家として活躍。1800年ロイヤル・アカデミーの会員となった。代表作はロンドンのウェストミンスター寺院の「マンスフィールド像」(1795)。[谷田博行]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のフラックスマンの言及

【ブレーク】より

…しかし,当時の新古典主義的歴史画をもっぱらとする主流から離れ,油彩を嫌い,すでに習得していた職人的複製版画の技法を基盤に,創作版画家としての道を目ざす。ストザードThomas Stothard(1775‐1834),J.フラックスマンらから学んだ,輪郭線を主とした素描を生かしてレリーフ・エッチング(腐食した部分にインキを詰めないで残った凸部分にインキをつけて刷る凸版の版画)の技法を開発し,中世写本の効果を再現するような活字と挿絵の融合を試みる。またゴシック期の聖堂や装飾,彫刻の模写を通じて得た中世美術とミケランジェロの芸術への傾倒,そしてJ.H.フュッスリとの交友は彼の造形的源泉となるとともに,強烈な幻想性の糧でもあった。…

※「フラックスマン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

フラックスマンの関連キーワードイギリス革命イギリス労働組合会議エプスタインイギリスオランダ戦争イギリス巻イギリスパンイギリス組曲イギリスの名車Miniバースデーの日イギリス下見イギリス鞍 (English saddle)

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

フラックスマンの関連情報