コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フラナガン Flanagan, Edward Joseph

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

フラナガン
Flanagan, Edward Joseph

[生]1886.7.13. アイルランド
[没]1948.5.15. ベルリン
アメリカのカトリック神父。 1917年に非行少年の矯正のため,自治的組織「少年の町」を創設し,47年日本を訪れ,影響を残した。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

フラナガン

米国のカトリック神父。アイルランド出身。ネブラスカ州の小麦凶作による失業者救済のために労働者ホテルを建設。続いて1917年,孤児・棄児・貧児の救済と教育のためにミズーリ州オマハに〈少年の町Boys Town〉を建設した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

フラナガン【Edward Joseph Flanagan】

1886‐1948
カトリック神父。第2次世界大戦直後の荒廃只中の日本を訪れ,その得意とする青少年補導の独特の手法をもって,戦災孤児浮浪児対策に貢献した。アイルランドに生まれ,渡米してカトリック司祭となり,ネブラスカ州オマハに伝道中,浮浪児の非行対策として1917年,少年たちの自治精神による共同体生活を中心とする〈少年の町Boys Town〉を創設した。日本においても,この独自の施設運営をもって,非行少年対策に新機軸を導入しようと努め,社会事業界の注目するところとなった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内のフラナガンの言及

【ボーイズ・タウン】より

…アメリカ合衆国ネブラスカ州東部の村。E.J.フラナガン神父によって1917年オマハにつくられた孤児収容施設が,西郊18kmに移され,1936年行政的に独立し面積約700haの村となった。少年たちによる自治が行われ,経済的には寄付によって支えられている。…

※「フラナガン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

フラナガンの関連キーワードフラナガン(Tommy Flanagan)フラナガン(Barry Flanagan)ジョン ジェンキンスネイザン アウェアウホルスト ウェーバートミー フラナガンメイジャー ホリートミー・フラナガン美乃里フラナガンボーイズ・タウンボビー ダーハムキーター ベッツオーバーシーズロン カーターイギリス美術連邦演劇計画ヌードマウス7月13日小林信彦笹鹿 彪

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

フラナガンの関連情報