コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フランクフルトアンデアオーデル Frankfurt an der Oder

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

フランクフルトアンデアオーデル
Frankfurt an der Oder

ドイツ東部,ブランデンブルク州の都市。ベルリンの東南東約 90km,オーデル川左岸に位置し,かつての郊外地,現在はポーランドの町スウビツェと対する。中世初めにフランケン地方からの移住者や商人たちによって開かれ,1253年都市権を得,1368年ハンザ同盟に加入。 79年オーデル川の自由航行権を獲得し,商業の中心地として発達。現在もポーランドへの道路,鉄道の渡河地点として交通上の要地となっている。 15世紀の教会,17世紀の市庁舎などが残る。機械,家具,繊維,食品加工などの工業がある。人口8万 6131 (1991推計) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

フランクフルトアンデアオーデルの関連キーワードアイゼンヒュッテンシュタットプレトリウスアルビヌスクインケ

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android