コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フランドラン フランドラン Flandrin, Hippolyte

2件 の用語解説(フランドランの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

フランドラン
フランドラン
Flandrin, Hippolyte

[生]1809.3.23. リヨン
[没]1864.3.21. ローマ
フランスの画家。ミニアチュール家の子で,兄オーギュスト (1804~42) も画家でリヨン大学教授。弟ジャンポール (11~1902) は風景画家。 1829年に弟とともにパリに出て J.アングルに師事し,32年にローマ大賞を得て 38年までローマに滞在,F.アンジェリコの影響を受け宗教画を多く制作。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

フランドラン
ふらんどらん
Hippolyte Flandrin
(1809―1864)

フランスの画家。リヨン生まれ。1829年パリに出て、当時ロマン派ドラクロワと対抗していた古典主義アングルに師事。32年にローマ賞を得て、38年までイタリアに留学。帰国後、パリのサン・ジェルマン・デ・プレ聖堂や、サン・バンサン・ド・ポール聖堂の壁画をはじめ、各地の城館の装飾画のほか、『ナポレオン3世』(ベルサイユ宮殿)などの肖像画を制作した。堅実で古典的な作風。ローマに没した。弟のポールPaul-Jean F.(1811―1902)もアングルに学び、兄と行動をともにしている。[染谷 滋]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

フランドランの関連キーワードリヨネーズポテトサンドリヨンカリヨン広場リヨン歌劇場管弦楽団リヨン国立管弦楽団フランス国立リヨン・オペラ座バレエ団リヨン・オペラ座バレエ団オー・ブリヨンよんよんリヨン風

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone