コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フランドラン Flandrin, Hippolyte

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

フランドラン
Flandrin, Hippolyte

[生]1809.3.23. リヨン
[没]1864.3.21. ローマ
フランスの画家。ミニアチュール画家の子で,兄オーギュスト (1804~42) も画家でリヨン大学教授。弟ジャン・ポール (11~1902) は風景画家。 1829年に弟とともにパリに出て J.アングルに師事し,32年にローマ大賞を得て 38年までローマに滞在,F.アンジェリコの影響を受け宗教画を多く制作。フランスに戻ってからはアカデミーの教授となり,D.ロセッティらイギリスのラファエル前派にも影響を与えた。 63年にローマに行き,同地で天然痘のため死亡。主要作品はパリのサン・ジェルマン・デ・プレ,サン・セルベ,サン・バンサン・ド・ポールなど各聖堂の壁画。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

フランドラン
ふらんどらん
Hippolyte Flandrin
(1809―1864)

フランスの画家。リヨン生まれ。1829年パリに出て、当時ロマン派のドラクロワと対抗していた古典主義のアングルに師事。32年にローマ賞を得て、38年までイタリアに留学。帰国後、パリのサン・ジェルマン・デ・プレ聖堂や、サン・バンサン・ド・ポール聖堂の壁画をはじめ、各地の城館の装飾画のほか、『ナポレオン3世』(ベルサイユ宮殿)などの肖像画を制作した。堅実で古典的な作風。ローマに没した。弟のポールPaul-Jean F.(1811―1902)もアングルに学び、兄と行動をともにしている。[染谷 滋]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

フランドランの関連キーワードジャム・ジョゼフ・ジャーク ティソーフォービスムドローネーラファエル3月23日菅野圭介染谷

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android