コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フリーデル Friedel, Charles

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

フリーデル
Friedel, Charles

[生]1832.3.12. ストラスブール
[没]1899.4.20. モントーバン
フランスの化学者,鉱物学者。パリ大学で C.ウュルツに学び,同大学鉱物学教授 (1876) ,有機化学主任教授 (84) 。人造宝石,結晶のピロ電気の研究がある。イソプロピルアルコール,グリセリン,乳酸を合成した。 1877年に J.クラフツと共同でフリーデル=クラフツ反応として知られる芳香族化合物の誘導体合成の方法を発見した。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

フリーデル
ふりーでる
Charles Friedel
(1832―1899)

フランスの化学者、鉱物学者。ストラスブールで生まれる。ストラスブール大学でパスツールらに学び、ソルボンヌ大学(パリ大学)ではウュルツのもとで研究を行った。1856年に鉱山学校(エコール・デ・ミーヌ)の博物館学芸員、1876年に鉱物学教授に就任している。1884年ウュルツが他界したため、ソルボンヌ大学有機化学教授となり、以後終生この地位にあった。鉱物学者として、高温高圧下における結晶合成の研究を行い、後年、ウュルツの影響のもとに、ケトン、第二プロパノールなどの有機合成に手を染めているが、1877年アメリカ人化学者クラフツJames Mason Crafts(1839―1917)とともに、いわゆる「フリーデル‐クラフツ反応」を発見し、新たなアルキルベンゼン合成法を開拓したことは有名である。[井山弘幸]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

フリーデルの関連キーワードジェイムス・M. クラフツフリーデル=クラフツ反応イソプロピルアルコールオキソニウム化合物フリーデル総和則塩化アルミニウムヴィルマ リップジフェニルメタンフリーデルの規則アセトフェノンマールウィッツアントラキノンベンゾフェノン複素環式化合物塩化アセチルメタロセンイオン反応3月12日フェロセントロポロン

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

フリーデルの関連情報