コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フリーデル フリーデルFriedel, Charles

2件 の用語解説(フリーデルの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

フリーデル
フリーデル
Friedel, Charles

[生]1832.3.12. ストラスブール
[没]1899.4.20. モントーバン
フランスの化学者,鉱物学者。パリ大学で C.ウュルツに学び,同大学鉱物学教授 (1876) ,有機化学主任教授 (84) 。人造宝石,結晶のピロ電気の研究がある。イソプロピルアルコール,グリセリン,乳酸を合成した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

フリーデル
ふりーでる
Charles Friedel
(1832―1899)

フランスの化学者、鉱物学者。ストラスブールで生まれる。ストラスブール大学でパスツールらに学び、ソルボンヌ大学(パリ大学)ではウュルツのもとで研究を行った。1856年に鉱山学校(エコール・デ・ミーヌ)の博物館学芸員、1876年に鉱物学教授に就任している。1884年ウュルツが他界したため、ソルボンヌ大学有機化学教授となり、以後終生この地位にあった。鉱物学者として、高温高圧下における結晶合成の研究を行い、後年、ウュルツの影響のもとに、ケトン、第二プロパノールなどの有機合成に手を染めているが、1877年アメリカ人化学者クラフツJames Mason Crafts(1839―1917)とともに、いわゆる「フリーデル‐クラフツ反応」を発見し、新たなアルキルベンゼン合成法を開拓したことは有名である。[井山弘幸]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

フリーデルの関連キーワード雪華図説ヘンリー鼠小僧堀田正敦オソン[1世]市川団十郎ロマンティック・バレエポワント長瀬産業大鳥圭介

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

フリーデルの関連情報