フリードリヒ・ウィルヘルム3世(読み)フリードリヒ・ウィルヘルムさんせい(英語表記)Friedrich Wilhelm III

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

フリードリヒ・ウィルヘルム3世
フリードリヒ・ウィルヘルムさんせい
Friedrich Wilhelm III

[生]1770.8.3. ポツダム
[没]1840.6.7. ベルリン
プロシア王 (在位 1797~1840) 。フリードリヒ・ウィルヘルム2世の子。前王のような暗君でなかったが,優柔不断で,国政改革の急務を怠り,外交面でも,1805年ロシア,オーストリアの対仏同盟勧誘を避けながら翌年にはフランスに宣戦するなど一貫性を欠き,ついにイェナ敗戦で国家の崩壊を招いた。この敗戦を機に,K.シュタインの改革 (→プロシア改革 ) が行われたが,王はこの改革を理解せず,07年1月シュタインの提案を拒否し彼を罷免した。のちに再びシュタインを任用したが,王は依然として改革に消極的で,特にウィーン会議後はメッテルニヒに操縦され,ドイツの自由,統一運動の阻害者となった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

367日誕生日大事典の解説

フリードリヒ・ウィルヘルム3世

生年月日:1770年8月3日
プロシア王(在位1797〜1840)
1840年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

今日のキーワード

ゲーム障害

オンラインゲームなどへの過度な依存により日常生活に支障をきたす疾病。インターネットやスマートフォンの普及でオンラインゲームなどに過度に依存する問題が世界各地で指摘されていることを受け、世界保健機関(W...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android