コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フリーマーチン freemartin

翻訳|freemartin

百科事典マイペディアの解説

フリーマーチン

雄と雌の組合せのウシの双生児において間性的な生殖器をもって生まれた雌をいう。繁殖力はない。雄胎児の精巣から分泌される微量の男性ホルモンが,雌胎児の卵巣および付属生殖器をある程度雄化させるためと考えられてきたが,近年,性決定にかかわる雌雄の細胞も相互に交流することがわかった。
→関連項目性転換

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

フリーマーチン【freemartin】

ウシの異性双胎の雌に見られる性の異常。外部生殖器は雌性を示すが,内部生殖器は雄性生殖器を伴っており,繁殖力をもたない間性である。異性双胎の雌の約90%はフリーマーチンとなるが,10%くらいは正常な雌となる。相手の雄はすべて正常である。これは二卵性の双子が胎児として発達していく際に,脈絡膜の血管が吻合(ふんごう)し両者の血流が共通となった場合に,雌胎児の生殖器の正常な分化発達が妨げられてフリーマーチンとなるもので,脈絡膜の血管吻合のない場合には,異性双胎でも雄雌ともに正常となる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

フリーマーチン
ふりーまーちん
free-martin

ウシに雌雄の異性双生子が生まれると90%の高い確率で雌が不妊になる現象、またはその不妊個体をいう。フリーマーチンの卵巣には精巣に似た構造がみいだされることが多い。極端な場合には、本来精巣にある精原細胞やセルトリ細胞まで認められることがある。原因としては、双生子のウシでは胎児期に脈絡膜の癒合によって血液の交流がおこり、雄の精巣ホルモンによって卵巣が変化するためと考えられてきた。しかし近年、性決定にかかわる雌雄の細胞もまた相互に交流することが明らかとなり、ホルモン説だけでこの現象を説明することは疑問視されている。[高杉 暹]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のフリーマーチンの言及

【ウシ(牛)】より

…雄と雌の双子の場合は,しばしば雌は生殖器の異常を示し不妊となる。これをフリーマーチンという。分娩10日目くらいまでの乳は初乳といい,常乳と異なり人間の飲用にならない。…

【性】より

…ウシでは,異なる性の双生児に共通の血管が発達し,雌胎児の生殖腺が一部性転換する現象が知られている。これをフリーマーチン現象といい,以前は,先に発達する雄胎児の精巣から分泌される雄性ホルモンのためだと思われていた。しかし現在は,雄胎児細胞が卵巣に入り込み,H‐Y抗原を分泌することにより性転換が起こると説明されている。…

※「フリーマーチン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

フリーマーチンの関連キーワード

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android