コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フルカ峠 フルカとうげ Furkapass

3件 の用語解説(フルカ峠の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

フルカ峠
フルカとうげ
Furkapass

スイス南部,ウーリ州バレー州の間にある標高 2431mの峠。ローヌ水系とライン水系の分水界にあり,ローヌ氷河を目前にみることができる。ブリークからこの峠を越えてアンダーマットにいたるルートは,スイスの東部と西部を結ぶ重要な交通路で,道路 (1864~66建設) と鉄道 (1910~27建設) がこの間を結んでいる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

フルカ‐とうげ〔‐たうげ〕【フルカ峠】

Furkapass》スイス中部、ウリ州とバレー州の州境にある峠。標高2431メートル。ローヌ川の源流、ローヌ氷河の最奥部に位置する。かつて氷河急行で知られるフルカオーバーアルプ鉄道が通っていたが、1982年の新フルカトンネルの開通に伴い、新線に移行。1992年、車窓景観を望める旧線の一部区間で観光用の山岳鉄道が復活した。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

フルカ峠
ふるかとうげ
Furkapa

スイスのウリ州ウルゼレン谷とバレー州ゴムス地方(ローヌ川最上流)をつなぐ峠。標高2431メートルローマ時代からバレーとラエティアを結ぶ交通路がここを通っており、1915年にはブリークからグレッチュに通ずるフルカ・オーバーアルプ鉄道が開通し、さらにライン川の河谷につながる鉄道は26年に完成し、ローヌ川からライン川の谷に至る動脈がここを通過する。11月から5月までは通行不能。[前島郁雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

フルカ峠の関連キーワードアイガートゥルンすいすいブラウンスイスアイガー氷河スイスチーズメンヒ山メンヒスヨッホヒュッテスイスイモルガルテンの戦

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone