コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フーヘル Huchel, Peter

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

フーヘル
Huchel, Peter

[生]1903.4.3. ベルリン
[没]1981.4.30. シュタウフェン
ドイツの詩人,ジャーナリスト。 1946~48年,東ベルリン放送局芸術指導員。 48~62年,『ジン・ウント・フォルム』誌の編集者。『少年の池』 Der Knabenteich (1932) などの詩集のほか,ラジオドラマ多数。 72年西ドイツに移住するまで8年間執筆活動を禁止された。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

フーヘル

ドイツの詩人。1949年―1962年東ドイツの文学誌《意味と形式》の編集者。寡作だが,すぐれた自然抒情詩の作者で,旧西ドイツにも熱心な愛読者をもった。1971年西ドイツに移住。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

フーヘル【Peter Huchel】

1903‐81
ドイツの詩人。ベルリン郊外に生まれ,少年期を農村で過ごす。文学,哲学等を修めたのち,フランス,トルコ等を放浪。1925年から詩人として自立するが,ナチス政権下では非政治的放送劇のみを発表。従軍・捕虜生活を経て帰還後,東ベルリン放送の演劇主任,49年には東ドイツの代表的文芸誌《意味と形式Sinn und Form》の編集長となり,また《詩集》(1948)により国家賞を受賞。しかし,広い視野に立つ彼の編集方針や論評が〈非マルクス主義的ブルジョア的折衷イデオロギー〉と批判されて,62年辞職。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

フーヘル
ふーへる
Peter Huchel
(1903―1981)

ドイツの詩人。少年期をベルリン近郊農村で過ごし、その風土と農民についての原体験をもとに、寡作だが優れた自然詩を書く。1940年従軍、45年ソ連で捕虜。49年の東西ドイツ分裂以降14年間、東ドイツの雑誌『ジン・ウント・フォルム』(意味と形式)の編集主幹として、東西両ドイツの体制を超えた伝統文化を探求したが、この理想が結局いれられず故郷に隠棲(いんせい)。71年ついに西側へ亡命した。『大通り、大通り』(1963)を含めた4冊の詩集にも苦渋の影が濃い。[飛鷹 節]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

フーヘルの関連キーワード4月3日中村正直大通り飛鷹

今日のキーワード

間が持てない

1 時間をもてあましてどうしたらよいかわからない。「待ち時間が長すぎて―◦ない」2 途切れがちの会話などを、うまくつなぐことができない。「無口な相手で―◦ない」[補説]文化庁が発表した平成22年度「国...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android