ブジェク(英語表記)Brzeg

世界大百科事典 第2版の解説

ポーランド南西部,オポーレ県の商工業都市。人口3万9900(1995)。ブロツワフの南東40kmにあり,オーデル(オドラ)川中流左岸に発達する。11世紀に集落の存在が認められる古い都市で,14世紀にはシロンスク地方第一の商業都市となった。ゴシック建築の教会や市庁舎など14~16世紀の建物が多く残るが,市街地の8割が第2次世界大戦中に破壊された。化学,農業機械,小型モーター,皮革,食品加工,製糖の各工業が立地する。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ポーランド南西部、オポーレ県の都市。ブロツワフ南東約40キロメートル、オドラ(オーデル)川中流左岸に位置する。ドイツ語名ブリークBrieg。人口5万4637(2002)。11世紀にはすでに集落が存在した古い都市で、中世ポーランドの王朝ピアスト家の侯が1675年までこの地に在位した。16世紀にはシロンスク(シュレージエン)におけるルネサンスの中心となった。ピアスト家の城、市庁舎、ゴシック様式の教会など、14~16世紀の建造物が多い。第二次世界大戦中、市の8割が破壊されたが復興し、農業機械、小型電動機、皮革、食品、精糖などの工業をもつ商工業都市となった。

[山本 茂]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android