コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ブラッグ条件 ブラッグジョウケン

デジタル大辞泉の解説

ブラッグ‐じょうけん〔‐デウケン〕【ブラッグ条件】

結晶のような周期的な構造をもつ物質に対して回折が生じる条件。結晶格子の各格子面からの反射波が強め合う条件を指し、格子面と入射波のなす角度をθ(シータ)、入射波の波長をλ(ラムダ)、格子面の間隔をd、nを正の整数とすると、2dsinθ=nλという関係式が成り立つ。これをブラッグ条件といい、この関係式で表される反射をブラッグ反射、角度θをブラッグ角という。1912年、英国の物理学者、H=ブラッグ、L=ブラッグ父子により発見された。ブラッグの法則

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

法則の辞典の解説

ブラッグ条件【Bragg condition】

結晶によるX線の散乱(ブラッグ散乱*)の条件.すなわち2dsinθ=nλ をいう.これは電子線や中性子線の散乱の場合にも適用される.ラウエ条件*と同じである.

出典 朝倉書店法則の辞典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ブラッグじょうけん【ブラッグ条件 Bragg condition】

結晶によるX線回折において,回折波の進行方向と結晶中の原子の配列のようすとを関係づける条件式。ブラッグ父子によって導かれた。図のような原子の配列に波長λのX線が入射角θで入射したとき,X線の道すじA1とA2の長さの差(光路長の差)は,2dsinθである。これが波長の整数倍すなわち,2dsinθ=nλ(nは整数)となれば二つの波が干渉して強めあい,回折波が生ずる。この式をブラッグ条件という。この条件をベクトル表現したものをラウエ条件と呼ぶが,両者は表現が異なるだけで内容は同一である。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のブラッグ条件の言及

【X線】より

…ラウエはさらに,回折の条件として,ラウエ条件を定式化し,結晶中の原子間隔,X線の波長,入射方向,回折線の現れる方向の間の関係を導いた。一方,W.L.ブラッグは,結晶によるX線の回折は,原子の並んだ面での波の反射によるものという考えを直観的に抱き,それを写真にとって実証するとともに,この考えに基づいてX線回折の条件としてブラッグ条件と呼ばれる式を提出した。この条件はラウエ条件とまったく同等のものであるが,ラウエ条件よりはるかにわかりやすい表現形式をとっている。…

【ブラッグ】より

…アデレード大学に入学したが,1908年父の転勤に伴ってイギリスに移り,09年からはケンブリッジのトリニティ・カレッジで学んだ。M.vonラウエによる結晶のX線回折像の数学的解析(ラウエ条件)に疑問をもち,この現象を格子面によるX線の反射とみなすことにより,X線の波長λ,格子面の間隔d,X線の視射角(入射角の余角)θとの間に,正の整数をnとして,nλ=2dsinθの関係(ブラッグ条件)が成立するとき,そのθの方向に回折線が現れることを明らかにした。さらにこの条件と父ブラッグが13年に製作したX線分光計を使用して,塩化ナトリウム,塩化カリウム,方解石,閃亜鉛鉱,蛍石,方鉄鉱などの結晶構造を解明,15年には父とともにノーベル物理学賞を受賞した。…

※「ブラッグ条件」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ブラッグ条件の関連キーワードブラッグの法則(X線回折)ブラッグ回折(X線)デバイ‐シェラー環高木‐トーパンの式ウォーラー積分ブラッグ散乱ラウエ写真電子線回折中性子線寺田寅彦

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android