コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ブルガーニン ブルガーニンBulganin, Nikolai Aleksandrovich

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ブルガーニン
Bulganin, Nikolai Aleksandrovich

[生]1895.6.11. ニジニーノブゴロド
[没]1975.2.24. モスクワ
ソ連の政治家。 1917年 11月共産党に入党,18~22年秘密警察 (チェカ) で辣腕をふるった。 22年経済管理部門に移り,27年モスクワ電気工場長。 31年モスクワ・ソビエト議長。 I.スターリンに目をかけられ,37年ロシア共和国首相,38年国立銀行総裁兼ソ連邦副首相就任。第2次世界大戦中は前線の軍事委員,44年国防次官,戦後は軍事相兼副首相をつとめた。 52年党幹部会員。 55年 G.マレンコフの跡を継いで首相となり,N.フルシチョフとともにジュネーブ首脳会談に出席,平和共存外交を推進。 57年6月の党内闘争でスターリン主義派と対決したフルシチョフ派をはっきり支持しなかったため失脚。 58年首相と党幹部会員の地位を追われ,一時地方の国民経済会議議長をつとめたのち,60年2月年金生活に入り,61年中央委員の身分も失った。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ブルガーニン(Nikolay Aleksandrovich Bulganin)

[1895~1975]ソ連の政治家。ボリシェビキ党に入党。1955年のマレンコフ解任後、首相となり平和共存外交を進めたが、1958年に失脚。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

ブルガーニン

ソ連の政治家。1917年共産党に入党。1920年代から経済部門で活躍し,1938年国立銀行総裁となる。独ソ戦争勃発とともに軍籍に投じ,各方面軍の軍事会議委員を務めた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ブルガーニン【Nikolai Aleksandrovich Bulganin】

1895‐1975
ソ連邦の政治家。1917年よりボリシェビキ党員。大粛清時にロシア共和国の閣僚会議議長やソ連邦閣僚会議副議長であった。第2次大戦中は軍事指導にあたり,47年にはスターリンのあとをついで国防相に就任し,48年からは政治局員となった。55年フルシチョフ第一書記時に閣僚会議議長(首相)となり,ユーゴスラビア,インド訪問によって平和共存への道をひらき,第20回党大会において非スターリン化を推進した。しかし57年のモロトフらによる反党グループ事件に際しフルシチョフを第一書記から解任する側に回ったとされ,58年には首相,党政治局員を解任された。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

ブルガーニン【Nikolai Aleksandrovich Bulganin】

1895~1975) ソ連の政治家。第二次大戦中から戦後にかけ軍事指導にあたる。1955年首相に就任、平和共存外交を推進したが58年解任された。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ブルガーニン
ぶるがーにん
Николай Александрович Булганин Nikolay Aleksandrovich Bulganin
(1895―1975)

ソ連の政治家。1917年にボリシェビキ党に入党、十月革命後の内戦期に出身地ニジニー・ノブゴロドの反革命取締委員会で活動し、カガノビチ、モロトフ、ミコヤンらの知遇を得た。1922年に経済部門に転じ、1927年に全国有数のモスクワ電気工場の工場長となった。1931年にはモスクワ・ソビエト議長に抜擢(ばってき)され、地下鉄網の建設など首都の発展に尽力した。1937年ロシア共和国首相、1938年国立銀行総裁兼ソ連副首相に昇進。独ソ戦が勃発(ぼっぱつ)すると前線で活動して1942年中将、1944年国防次官。戦後、軍事相兼副首相、ソ連共産党中央委員会政治局員、元帥。1955年、首相マレンコフと党第一書記フルシチョフの権力闘争で後者を支持し、マレンコフ解任を受けて首相に就任。以後3年間の在任中フルシチョフとのコンビで諸外国を歴訪し、平和共存外交を推進した。しかし国内面ではフルシチョフの進める経済政策、とくに工業再編成構想に批判的で、この問題を軸に1957年にモロトフ、マレンコフらといわゆる「反党グループ」を形成してフルシチョフ追放を謀った。そのため翌1958年首相の地位をフルシチョフに奪われ、失脚した。[原 暉之]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のブルガーニンの言及

【ソビエト連邦】より

…スターリン批判はハンガリー事件のように東ヨーロッパでの動揺を呼び起こし,それがソ連国内の再引締めを招いた。しかし,スターリン派のモロトフらがフルシチョフ追落しを策して,逆に失脚すると,フルシチョフの地位は盤石のものとなり,58年ブルガーニンから首相の職を取り上げ,党第一書記と兼任するにいたった。 彼は平和共存を唱えて,59年にはアメリカを訪問した。…

※「ブルガーニン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ブルガーニンの関連キーワードウィリアム・R.(Jr.) ハーストジュネーブ四大国首脳会談ディスエンゲージメントソビエト連邦史(年表)I.I. クジミーンイワン テヴォシャンサケ・マス漁業日ロ漁業問題日ソ共同宣言集団指導制6月11日ニチロ

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ブルガーニンの関連情報