コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ブルタバ川 ブルタバがわVltava

3件 の用語解説(ブルタバ川の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ブルタバ川
ブルタバがわ
Vltava

ドイツ語ではモルダウ Moldau。チェコ西部,チェヒ (ボヘミア) 地方のほぼ中央を北流する川。ドイツとの国境近く,シュマバ山脈南部に源を発し,オーストリアとの国境近くを南東流したのち北に向きを変え,チェスケーブジェヨビツェを経てプラハに達し,その北方約 30kmのムニェルニークでラベ (エルベ) 川に合流する。全長 435km。流域には名所,旧跡や保養地が多い。チェコの作曲家スメタナは交響詩『わが祖国』の第2曲の主題として,この川を描き,モルダウの名を世界的にした。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ブルタバ‐がわ〔‐がは〕【ブルタバ川】

Vltava》チェコ南西部の山地に源を発し、ボヘミア地方を南から北に流れる川。プラハを貫流してエルベ川に注ぐ。長さ435キロ。ドイツ語モルダウ川

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ブルタバ川
ぶるたばがわ
Vltava

チェコ中部の川で、エルベ川の支流。ドイツ語名モルダウMoldaw川。チェコ南西部、ボヘミアの森(チエスキー・レス)に発し、南東に流れ、山嶺(さんれい)に直交する地溝帯にあたって流路を北に急変し、首都プラハの市街を貫流して約30キロメートル下流でエルベ川に注ぐ。全長435.4キロメートル、流域面積2万8088平方キロメートル。川沿いはおもに農林業地帯であるが、プラハ付近は工業地帯であり、また上流域で行われるガラス工業は有名。台地を刻み、嵌入(かんにゅう)蛇行するようすがスメタナの交響詩『わが祖国』の第二曲『モルダウ』に歌われている。[三井嘉都夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

ブルタバ川の関連キーワードモルダウ川ブルタバ[川]ブルタバ[川]

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ブルタバ川の関連情報