コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ブルドッグ[種] ブルドッグ

百科事典マイペディアの解説

ブルドッグ[種]【ブルドッグ】

イヌの一品種。肩高38〜41cm。イギリス原産。頭部は大きく,あごは角ばり,顔面に大きなしわがある。毛色は赤,白,淡黄褐色,虎毛,斑(ぶち)など。1835年に禁止されるまで雄牛攻めに使われていたのでこの名がある。
→関連項目闘犬ボクサー[種]

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ブルドッグ[種]【bulldog】

原産地がイギリスの家庭犬(イラスト)。雄ウシとのきわめて残忍な闘争競技犬として作出されたイヌで,名称もこれに由来する。古くはブリトン人が敵を攻撃する戦闘に駆使したとも伝えられている。当然の結果としてイヌどうしの闘犬に発展し,当時のイヌは現在よりはるかに背が高く大型のイヌであった。19世紀初期には闘争競技における勝負師や無頼の徒の所有物に成り下がったが,1835年に残忍な競技が法律で禁止され,存在意義を失うに至った。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

ブルドッグ[種]の関連キーワードブリトン原産地

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android