コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ブルリューク Burlyuk, David Davidovich

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

ブルリューク Burlyuk, David Davidovich

1882-1967 ロシアの画家。
1882年7月22日生まれ。ミュンヘン,パリなどでまなび,青騎士(あおきし)グループに参加。大正9年(1920)アメリカに亡命の途中来日,東京で「ロシア未来派展」をひらくなど,日本の前衛美術運動を推進した。享年85歳。ウクライナ地方出身。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ブルリューク
ぶるりゅーく
Давид Давидович Бурлюк David Davidovich Burlyuk
(1882―1967)

ロシアの詩人、画家。ハリコフ近郊に生まれる。カザン、オデッサの美術学校で学んだのち、ヨーロッパに留学。第一次ロシア革命(1905)のさなかに帰国し、その後「ダイヤのジャック」展への参加、「ロバの尻尾(しっぽ)」グループの結成などを通して、ロシア前衛美術の成立に深くかかわった。また、ロシア未来派(フトゥリズム)のオルガナイザーとしても活躍し、マヤコフスキー、フレーブニコフらの才能を世に送り出した。革命後、極東に逃れ、ウラジオストクの未来派詩人たちと合流したが、その後まもなく日本を経由してアメリカに渡った。多年にわたって雑誌『色彩と韻』(1930~66)を主宰した。[亀山郁夫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ブルリュークの関連キーワードウラジーミル マヤコフスキーカーメンスキーマヤコフスキーフレーブニコフロシア美術亀山郁夫実験映画斎藤義重普門 暁

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android