コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ブルリューク Burlyuk, David Davidovich

2件 の用語解説(ブルリュークの意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

ブルリューク Burlyuk, David Davidovich

1882-1967 ロシアの画家。
1882年7月22日生まれ。ミュンヘン,パリなどでまなび,青騎士(あおきし)グループに参加。大正9年(1920)アメリカに亡命の途中来日,東京で「ロシア未来派展」をひらくなど,日本の前衛美術運動を推進した。享年85歳。ウクライナ地方出身。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ブルリューク
ぶるりゅーく
Давид Давидович Бурлюк David Davidovich Burlyuk
(1882―1967)

ロシアの詩人、画家。ハリコフ近郊に生まれる。カザン、オデッサ美術学校で学んだのち、ヨーロッパに留学。第一次ロシア革命(1905)のさなかに帰国し、その後「ダイヤのジャック」展への参加、「ロバの尻尾(しっぽ)」グループの結成などを通して、ロシア前衛美術の成立に深くかかわった。また、ロシア未来派(フトゥリズム)のオルガナイザーとしても活躍し、マヤコフスキー、フレーブニコフらの才能を世に送り出した。革命後、極東に逃れ、ウラジオストクの未来派詩人たちと合流したが、その後まもなく日本を経由してアメリカに渡った。多年にわたって雑誌『色彩と韻』(1930~66)を主宰した。[亀山郁夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブルリュークの関連キーワード白ロシアリューリクコロシアム小ロシア白系ロシア人ロシア社会民主労働党オロシャ統一ロシア労農ロシアチャイコフスキー:ドゥムカ ハ短調-ロシアの農村風景-/piano solo

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone