ブルートゥス(英語表記)Marcus Junius Brutus

旺文社世界史事典 三訂版「ブルートゥス」の解説

ブルートゥス
Marcus Junius Brutus

前85〜前42
共和政ローマ末期の政治家。英語読みはブルータス
カエサル暗殺首謀者のひとり。熱心な共和政擁護論者で,カエサルと親しかったが,彼の独裁傾向に反対して,前44年カッシウスらと組んで元老院で暗殺した。のちマケドニアで兵したが,アントニウス・オクタヴィアヌスに敗れて自殺

出典 旺文社世界史事典 三訂版旺文社世界史事典 三訂版について 情報

精選版 日本国語大辞典「ブルートゥス」の解説

ブルートゥス

(Marcus Junius Brutus マルクス=ユニウス━) 古代ローマの政治家。カエサル暗殺の首謀者。共和政理念の保持者。紀元前四四年にカエサルを暗殺した後、東方で力を伸ばしたが、アントニウス、オクタビアヌスの連合軍と戦い、敗れて自殺した。英語名ブルータス。(前八五‐前四二

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

急急如律令

中国漢代の公文書の末尾に、急々に律令のごとくに行え、の意で書き添えた語。のち、呪文(じゅもん)の終わりに添える悪魔ばらいの語として、道家・陰陽師(おんようじ)・祈祷僧(きとうそう)などが用いた。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android