コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ブルーレイディスク

4件 の用語解説(ブルーレイディスクの意味・用語解説を検索)

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

ブルーレイディスク

Blu-ray Disc」のページをご覧ください。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

IT用語がわかる辞典の解説

ブルーレイディスク【Blu-ray Disc】

記憶媒体のひとつ。ソニー松下電器産業(現パナソニック)などが中心となり、次世代DVDとして策定された光ディスク。有機色素材料や金属薄膜をポリカーボネートなどの保護層で挟んだ円盤状の構造を持ち、短波長の青紫色レーザーを用いてデータの読み出しと書き込みをする。記憶容量は直径12cmの場合、片面1層で25GB、片面2層で50GBと、DVDの約5倍。将来的にはより多層化した仕様も考えられている。HDTV相当の高画質映像の記録・再生、コンピューター家庭用ゲーム機記憶媒体として利用される。CDやDVDと同様に、読み出し専用のBD-ROM、一度だけ書き込みが可能なBD-R、繰り返し記録可能なBD-REなどの規格がある。◇略して「ブルーレイ」ともいう。また、頭文字から「BD」ともいう。

出典|講談社
(C)Kodansha 2011.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

ブルーレイディスク【Blu-ray Disc】

次世代光ディスク規格の一。青紫色レーザーを用い、 DVD の約五倍の記録容量をもつ光ディスク。デジタル-ハイビジョン放送を二時間以上録画できる。 BD 。 → HD-DVD( ABC 略語)

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ブルーレイディスク
ぶるーれいでぃすく
Blu-ray Disc

CD(コンパクトディスク)、DVDに次ぐ第三世代の光ディスク。BDともいう。2002年(平成14)に日本国内の複数の企業とオランダフィリップス、韓国の三星(サムスン)電子などが共同でブルーレイディスクファウンダーズ(Blu-ray Disc Founders:BDF)という組織をつくり、第三世代の光ディスクの規格の審議を行った。その結果できた規格がブルーレイディスクである。ディスクのサイズはCD、DVDと同一であるが、高密度・大容量の記録が可能な青紫色レーザー光を使うことで、記録面が1層の場合は25ギガバイト、2層では50ギガバイトの記録ができる。これはDVDの5~10倍以上に相当する。
 読み出し専用のBD-ROM(ロム)(Blu-ray Disc Read Only Memory)はピットと金属反射膜を使う記録で、コンピュータやゲームなどのデータ、映画コンテンツなどを記録して供給される。映画の場合、映像はMPEG(エムペグ)2とよばれる方式で、また音声はドルビー・デジタルとよばれる方式(AC-3)などで圧縮されて記録される。著作権保護のため、コピー制限機能が付与される。映画ソフトの場合、さらにリージョンコード(Region codes)という符号が組み込まれ、三つに分けられた世界地域の一つの地域で購入したものは、他地域では再生することができない仕組みになっている。
 書き込み用のBDには、1回限り書き込み用のBD-R(Blu-ray Disc Recordable)と繰り返し書き込み可能なBD-RE(Blu-ray Disc Rewritable)の2種類があり、いずれも色素でつくられる反射膜が照射されたレーザー光によって相転移という状態変化を起こすことを利用してデジタルデータの書き込みを行う。基本的には、無機色素が用いられ、有機色素を使うDVDより安定である。後になって低コストの有機色素系ディスクも発売されたが、書き込みの速度が遅かったり、安定性に劣るなどの問題もある。無機色素系では、レーザー光照射による色素膜の状態変化が、反射率を高から低にするため、High to lowを略してHTLと書き、有機色素系では、レーザー光照射による状態変化が、反射率を低から高にするため、Low to highを略してLTHと書いて区別する。BD-RおよびBD-REはブランクディスク(未記入ディスク)の状態で供給される。1層構造の場合で、BS放送番組を130分、地上デジタル放送ならば180分の録画ができる。
 BDとDVDはディスクとしての互換性はないが、多くのBDレコーダーおよびプレーヤーは、DVDの録画・再生機能も備え、消費者は互換性を意識せずに利用できるようになっている。
 BD開発と同じころ、東芝と日本電気(NEC)が独自の規格HD DVD(High Definition DVD)を提案して2方式が争われたが、2008年HD DVDの撤退により第三世代の光ディスクはブルーレイディスク一本になった。[吉川昭吉郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブルーレイディスクの関連キーワードDDSメガバイトLUMIXパナソニック記録媒体松下電器産業[株]松下電子工業[株]松下家と松下電器産業大阪府門真市

今日のキーワード

太陽系外惑星

太陽以外の恒星を回る惑星。その存在を確認する方法として、(1)惑星の重力が引き起こす恒星のわずかなふらつき運動を、ドップラー効果を用いて精密なスペクトル観測により検出する、(2)惑星が恒星の前面を通過...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ブルーレイディスクの関連情報