コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ブレダ宣言 ブレダせんげんDeclaration of Breda

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ブレダ宣言
ブレダせんげん
Declaration of Breda

王政復古の条件を提示するためにイングランドのチャールズ2世が,1660年4月オランダのブレダで発した宣言。清教徒革命中の言動に対する大赦 (議会により例外とされる者は除く) ,信仰の自由,革命中に購入された土地財産への保証,軍隊の未払い給与の支払いを約した。仮議会はこの条件を入れてチャールズを迎えることに決め,王政復古が実現した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

ブレダ宣言【ブレダせんげん】

王政復古イギリス史

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ブレダ宣言
ぶれだせんげん
Declaration of Breda

1660年4月、イギリスのチャールズ2世が、王政復古に先だって、亡命先のオランダで発し、復位の条件を提示した宣言。ピューリタン革命の行き詰まりによって王政復古が不可避となったこの年、チャールズは亡命地のブレダからこの宣言を発し、復位後は、革命中の国王に対する犯罪には大赦を与えること、信仰の自由を保障すること、革命中の所領の売買については議会で善後策を講ずること、兵士の未払い給与の支給を保障すること、というきわめて寛大な条件を提示した。開会中の仮議会はただちにこれを受理し、王政復古が実現した。しかし王政復古後、約束されていた重要事項のいくつかは空文化された。[大久保桂子]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のブレダ宣言の言及

【王政復古】より

…この護国卿政権の崩壊と軍隊の内部分裂によって国内は無政府状態となったが,スコットランド駐留軍司令官モンクが兵を率いてロンドンに入り,長期議会を復活させ,亡命中のチャールズを迎えるための仮議会の召集を決議させた。いっぽうチャールズは〈ブレダ宣言〉を発表して,王政復古の条件として,革命中の言動の大赦,信仰の自由の保障,土地移動の確認,兵士の未払い給与の支払いの諸点を約束した。仮議会はただちにこれを受諾し,60年5月チャールズは熱烈な歓迎の中をロンドンに入って戴冠式をあげ,ここに王政復古がなった。…

※「ブレダ宣言」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ブレダ宣言の関連キーワード王政復古(Restoration)王政復古[イギリス]チャールズ(2世)チャールズ[2世]王政復古(世界)

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android