コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ブレーメンの音楽隊 ブレーメンのおんがくたい Die Bremer Stadtmusikanten

2件 の用語解説(ブレーメンの音楽隊の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ブレーメンのおんがくたい【ブレーメンの音楽隊 Die Bremer Stadtmusikanten】

グリム童話》20番の話。老いたロバが主人に冷遇されるので逃げ出し,ブレーメンへ行って町の音楽隊にやとってもらおうと思う。途中で同じような境遇の猟犬,猫,雄鶏を誘って行く。夜になり,森の中で野宿しようとするが,雄鶏が遠くに明りを見つけたので,そこへ行くと,強盗のすみかで,強盗たちがごちそうを食べている。ロバ,犬,猫,雄鶏の順で背中に乗って大声で叫ぶと強盗たちは逃げ出す。動物たちはごちそうを食べて寝る。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ブレーメンの音楽隊
ぶれーめんのおんがくたい
Die Bremer Stadtmusikanten

グリム童話で名高い昔話。老いたロバが飼い主から見捨てられたために、ブレーメンの町の音楽隊に入ろうとして出かける。途中、同じような運命にある犬、猫、雄鶏(おんどり)らと道連れになる。その夜、森の泥棒の家に行き、一斉に鳴きだして泥棒をびっくりさせ追い出してしまう。そして家に住み着くことになる。ヨーロッパに広く知れ渡っている昔話であるが、アジアが話の原産地といわれる。[野村純一]
『高橋健二訳『グリム童話全集1』(1976・小学館)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブレーメンの音楽隊の関連キーワードグリムグリム童話メルヘン重訳訳出ラプンツェルどんぐり村金田鬼一

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ブレーメンの音楽隊の関連情報