コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ブロックトン ブロックトンBrockton

2件 の用語解説(ブロックトンの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ブロックトン
Brockton

アメリカ合衆国,マサチューセッツ州東部にある都市。ボストン南西約 32kmに位置する。 1649年インディアンから買収。 1750年頃から製靴業が興り,いまも製靴業は工業のなかで重要な地位を占める。現在は衣料,電気機械,印刷などの工業が加わっている。また,南北戦争時北軍の軍靴の過半数を製造したことで有名。街灯 (1884) ,近代的下水処理 (93) がアメリカで最初に用いられた都市。人口9万 2788 (1990) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ブロックトン
ぶろっくとん
Brockton

アメリカ合衆国、マサチューセッツ州東部の都市。ボストンの南32キロメートルに位置する。人口9万4304(2000)。古い歴史を誇る靴と皮革の町として広く知られるほか、繊維、衣料、金属、機械、電気機器、電子機器など多種工業の発達がみられる。1700年初めに町が開かれたが、1821年までブリッジウォーターに属していた。1881年より市制が施行された。[作野和世]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ブロックトンの関連情報