コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ブロックハウス百科事典 ブロックハウスひゃっかじてん Brockhaus Enzyklopädie

6件 の用語解説(ブロックハウス百科事典の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ブロックハウス百科事典
ブロックハウスひゃっかじてん
Brockhaus Enzyklopädie

ドイツのブロックハウス社から発行されている小項目主義百科事典。 1805年 F.ブロックハウス (1772~1823) がライプチヒにブロックハウス社を創立,08年百科事典 (6巻) を創刊した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ブロックハウスひゃっかじてん〔‐ヒヤククワジテン〕【ブロックハウス百科事典】

Der Grosse Brockhausドイツを代表する百科事典。出版業者F=A=ブロックハウス(1772~1823)が1809年初版刊行。小項目主義で、豊富な図版と簡潔な説明が特色。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ブロックハウス百科事典【ブロックハウスひゃっかじてん】

ドイツの有名な百科事典出版社ブロックハウスBrockhausから出版。1808年初めて6冊本を刊行,徹底した小項目主義で知られる。1966年―1974年17版の20冊本(約20万項目),1977年―1981年18版の12冊本(本巻)を刊行。
→関連項目百科事典

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ブロックハウスひゃっかじてん【ブロックハウス百科事典】

ドイツの代表的百科事典の一つ。ビブリオグラフィッシェス・インスティトゥート & F.A.ブロックハウスAG傘下のF.A.ブロックハウス社発行。1796年,ライプチヒの学者レーベルGotthelf Renatus Löbel(1767‐99)は,教養人が〈有益な会話に加わり,価値ある書物を利用する〉のに役だつ《会話辞典》,別名《婦人百科事典》を,友人C.W.フランケ(?‐1831)と共に編集,刊行を始めたが,完結前に没した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ブロックハウスひゃっかじてん【ブロックハウス百科事典】

ドイツの百科事典。ブロックハウス(F. A. Brockhaus1772~1823)により、1808年初版六巻で刊行。小項目主義と平易な解説で親しまれ、版を重ねる。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ブロックハウス百科事典
ぶろっくはうすひゃっかじてん
Der Grosse Brockhaus

ドイツを代表する百科事典。旧西ドイツのブロックハウス社発行。1808年、ドルトムント生まれの書籍商ブロックハウスFriedrich Arnold Brockhaus(1772―1823)は、破産した出版社の『家庭百科事典』Frauenzimmer-Lexikonの著作権を買収し、11年に『会話事典』Brockhaus' Konversations-Lexikonと命名して6巻で完成、さらに補遺2巻を加えた。翌年第2版に着手、その小項目主義を徹底させ、また説明も平易で図版も多かったので大いに歓迎され、その翻訳が数か国で行われて国際的にも有名になった。29~33年に、アメリカリーバーFrancis Lieber(1800―72)が『アメリカーナ百科事典』Encyclopedia Americana16巻を発行したが、大部分はブロックハウスの翻訳であり、それにアメリカの事項を加えたものであった。また、59~68年にイギリスチェンバーズWilliam Chambers(1800―83)が『チェンバーズ大百科事典』Chambers's Encyclopaedia10巻を発行したが、これもブロックハウスの10版によっており、それにイギリス関係事項を加えたものであった。そのほか、ブロックハウスの小項目主義と平易な解説を模倣したものにアメリカの『新国際百科事典』The New International Encyclopaedia(1902)、オランダの『ウィンクラー・プリンス百科事典』Grote Winkler Prins(1870~82)があり、ロシアではエフロンがブロックハウスとの共同出版による『ブロックハウス・エフロン百科事典』Entsiklopedicheskii Slovar'、(1890~1907)82巻・補遺4巻を発行した。また、フランスラルースLarousseやドイツのマイヤーMeyersの百科事典にも、その影響がみられる。[彌吉光長]

最近版

1966~76年、ブロックハウスの第17版24巻が『Brockhaus Enzyklopdie』の書名で刊行され、75年地図帳、76年に補遺が発行されたが、小項目主義の伝統にのっとり、収録項目数22万5000。重要項目には数ページを費やすが、一般に大項目も1ページ強に収めている。大項目は総論または集約的性格をもち、これに関する事項や人物項目は独立して解説され、親項目に星印で関連づけられる。たとえば、浮世絵という項目は3分の1ページにまとめられ、十数人の代表的画家は独立項目として解説され、相互参照で連絡づけている。1977~82年、第18版が第15版当時の現在の書名に戻されて、12巻の情報事典として発行されている。[彌吉光長]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブロックハウス百科事典の関連キーワードビブリオラルース百科事典アメリカーナ百科事典ドゥーデンビブリオグラフィーマイヤー百科事典ビブリオテークビブリオマンシーブロックハウス[会社]《ブリタニカ国際大百科事典》

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone