コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ブロニェフスキ Broniewski, Władysław

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ブロニェフスキ
Broniewski, Władysław

[生]1897.12.17. プウォツク
[没]1962.2.10. ワルシャワ
ポーランドの詩人。2度にわたる大戦とドイツ軍の占領を体験し,革命と社会主義をたたえた。詩集『風車』 Wiatraki (1925) ,『心労と歌』 Troska i pieśń (32) ,『最後の叫び』 Krzyk ostateczny (38) ,『悲しみの木』 Drzewo rozpaczające (45) ,『希望』 Nadzieja (51) ,『アンカ』 Anka (56) がある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ブロニェフスキ
ぶろにぇふすき
Wadysaw Broniewski
(1897―1962)

ポーランドの詩人。革命的叙情詩の代表者。プウォツコに生まれる。愛国的知識人の家に生まれ、大戦間期のポーランド左翼運動に積極的に参加、二度の世界大戦と占領下の体験を通して美しいリリシズムで革命を歌い上げた。1939年当時のソ連へ移り、スターリン時代に逮捕された経験をもつ。46年帰国。詩集に『風車(ふうしゃ)』(1925)、『心労と歌』(1933)、『悲しみの木』(1945)、『希望』(1951)、『アンカ』(1956)などがある。[吉上昭三]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

ブロニェフスキの関連キーワード12月17日

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android