コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ブーシア半島 ブーシアはんとうBoothia Peninsula

4件 の用語解説(ブーシア半島の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ブーシア半島
ブーシアはんとう
Boothia Peninsula

カナダ最北部の半島。面積3万 2330km2カナダ楯状地の北端で,標高 600m以下の樹木のない台地が占める。半島の東にはブーシア湾をへだててバフィン島がある。 1829年 S. J.ロスにより発見され,島名はこの探検に資金を出した F.ブースにちなみ命名された。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

ブーシア半島【ブーシアはんとう】

カナダのヌナブト,バフィン島とビクトリア島の間に突出する半島。不毛のツンドラ地域だが,1829年―1833年J.ロスが探検,初めて北磁極を〈発見〉したことで有名。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ブーシア半島
ぶーしあはんとう
Boothia Peninsula

カナダ本土最北端の半島。北のカナダ北極海諸島方向に約200キロメートル突出する。最大幅(東西)は210キロメートルに及ぶが、半島基部は30キロメートル程度しかなく、島のようにみえる。カナダ楯状地(たてじょうち)の北端部にあたり、標高600メートル以下の丘陵性の礫質(れきしつ)ツンドラ地域である。1829~1833年のジェームズ・ロスの探検に資金を出したフェリックス・ブースにちなみ名づけられた。[大竹一彦]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

ブーシア半島の関連キーワード増殖炉業務妨害罪自民党総裁選農家文化庁移転李承晩ライン魏志倭人伝ツタの里帰りグリーンジョブ(緑の雇用)海上自衛隊の海賊対策

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone