コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ブーシア半島 ブーシアはんとうBoothia Peninsula

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ブーシア半島
ブーシアはんとう
Boothia Peninsula

カナダ最北部の半島。面積3万 2330km2カナダ楯状地北端で,標高 600m以下の樹木のない台地が占める。半島の東にはブーシア湾をへだててバフィン島がある。 1829年 S. J.ロスにより発見され,島名はこの探検に資金を出した F.ブースにちなみ命名された。人口は 100人余で,集落は南部に2ヵ所ある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ブーシア‐はんとう〔‐ハンタウ〕【ブーシア半島】

Boothia》カナダ中北部の半島。北端にあるマーチンソン岬は北アメリカ大陸の最北端。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

ブーシア半島【ブーシアはんとう】

カナダのヌナブト,バフィン島とビクトリア島の間に突出する半島。不毛のツンドラ地域だが,1829年―1833年J.ロスが探検,初めて北磁極を〈発見〉したことで有名。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ブーシア半島
ぶーしあはんとう
Boothia Peninsula

カナダ本土最北端の半島。北のカナダ北極海諸島方向に約200キロメートル突出する。最大幅(東西)は210キロメートルに及ぶが、半島基部は30キロメートル程度しかなく、島のようにみえる。カナダ楯状地(たてじょうち)の北端部にあたり、標高600メートル以下の丘陵性の礫質(れきしつ)ツンドラ地域である。1829~1833年のジェームズ・ロスの探検に資金を出したフェリックス・ブースにちなみ名づけられた。[大竹一彦]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

ブーシア半島の関連キーワードプリンス・オブ・ウェールズ島フランクリン地区サマーセット島ツンドラ地域サマセット島

今日のキーワード

気が置けない

遠慮したり気をつかったりする必要がなく、心から打ち解けることができる。「―◦ない間柄」[補説]文化庁が発表した「国語に関する世論調査」で、「その人は気が置けない人ですね」を、「相手に対して気配りや遠慮...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android