コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

プサルテリウム psalterium

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

プサルテリウム
psalterium

撥弦楽器の一種。薄い梯 (はしご) 形の共鳴箱に多数の弦を張ったもので,指または撥 (ばち) で奏する。名称はギリシアの琴プサルテリオンに由来し,中近東から伝わったものと思われる。 13~15世紀にヨーロッパで流行したが,中世のものは現存しない。ロシアのグスリやフィンランドのカンテレは膝の上で奏するプサルテリウムの一種で,アラブ諸国には人差指にはめた骨製の2本の撥で奏する大型のカーヌーンと呼ばれるものがある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

プサルテリウム(〈ラテン〉psalterium)

中世ヨーロッパで用いられた琴の一種。チェンバロの祖型と目される。→チェンバロ

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

プサルテリウム

(1)古代から中世にかけてヨーロッパで用いられたツィター系撥弦(はつげん)楽器。主に台形状の平らな共鳴箱に20本前後の弦を張り,指または義甲(プレクトラム)で演奏する。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

プサルテリウムの関連キーワードプサルテリーダルシマー撥弦楽器

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android