コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

プサルテリウム psalterium

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

プサルテリウム
psalterium

撥弦楽器の一種。薄い梯 (はしご) 形の共鳴箱に多数の弦を張ったもので,指または撥 (ばち) で奏する。名称はギリシアの琴プサルテリオンに由来し,中近東から伝わったものと思われる。 13~15世紀にヨーロッパで流行したが,中世のものは現存しない。ロシアのグスリやフィンランドのカンテレは膝の上で奏するプサルテリウムの一種で,アラブ諸国には人差指にはめた骨製の2本の撥で奏する大型のカーヌーンと呼ばれるものがある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

プサルテリウム

(1)古代から中世にかけてヨーロッパで用いられたツィター系撥弦(はつげん)楽器。主に台形状の平らな共鳴箱に20本前後の弦を張り,指または義甲(プレクトラム)で演奏する。その祖型はイスラム系の楽器カーヌーンと推定され,11世紀ころヨーロッパに渡来したとみられる。14―15世紀に盛んに用いられ,やがてハープシコードに発展,民族音楽ではダルシマーが使われるようになった。(2)ローマ・カトリック教会の典礼書の一種で,旧約聖書の詩編を編集したもの。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

プサルテリウムの関連キーワードプサルテリー撥弦楽器

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android