プファルツ戦争(読み)プファルツせんそう

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

プファルツ戦争
ぷふぁるつせんそう
Pflzischer Kriegドイツ語

フランスのルイ14世親政期の対外戦争の一つ(1688~97)。アウクスブルク同盟戦争ともいう。1688年のイギリス名誉革命によりイギリス国王となったオランダのオラニエ公ウィレムに対抗して、ルイ14世は先王のジェームズ2世を支持し、これにプファルツ選帝侯領の相続問題(王弟オルレアン公の夫人はプファルツ選帝侯の娘)やナントの王令撤回(1685)の主謀者に対する新教徒諸侯の復讐(ふくしゅう)計画などが絡んで、イギリス、ネーデルラント、スペイン、神聖ローマ帝国、ブランデンブルク、ザクセン、バイエルン、サボアなどが反仏戦線を結成した。戦局はフランス優位のうちに進み、同盟軍はいたずらに消耗を重ねた。その結果、1697年に締結されたライスワイク条約は、ルイ14世にとって不利で、事態をナイメーヘンの和約後の状態にふたたび戻し、ストラスブールだけはかろうじてフランスのものとなったにすぎなかった。このため、無益な戦争として知られる。[志垣嘉夫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

バンクシー

英ロンドンを中心に活動する覆面アーティスト。世界各地の街に現れて建物の壁などに社会風刺的なグラフィティアートを描くなど、ゲリラ的なアート活動を行っている。2005年に自身の作品を世界各国の有名美術館に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android