コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

プラスミン プラスミン plasmin

3件 の用語解説(プラスミンの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

プラスミン
プラスミン
plasmin

フィブリノリジン。フィブリンを溶解する蛋白分解酵素。血漿や組織中に存在するフィブリノキナーゼによって,不活性型のプラスミノーゲンから生成される。フィブリンの溶解は甲状腺刺激ホルモン成長ホルモンによって促進され,副腎皮質刺激ホルモンは抑制的に働く。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

プラスミン(plasmin)

血液中で血餅(けっぺい)血栓を溶かす働きをする酵素蛋白質分解酵素の一種で、血液凝固に関わる蛋白質フィブリン加水分解して溶解する。フィブリノリシン

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

栄養・生化学辞典の解説

プラスミン

 血栓など血液の凝固したものを溶解するプロテアーゼ

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

プラスミンの関連キーワード血餅フィブリンフィブリノイド変性フィブリノゲン製剤フィブリノリシン線溶ミオフィブリルミクロフィブリル無フィブリノーゲン血無フィブリノーゲン血症

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

プラスミンの関連情報