コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

プラントル数 プラントルすう Prandtl number

2件 の用語解説(プラントル数の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

プラントル数
プラントルすう
Prandtl number

流体の粘性率を μ ,定圧比熱cp ,熱伝導率 k とするとき,無次元数 Pr=μcp/k をプラントル数という。プラントル数はまた,動粘性率 ν=μ/ρ ( ρ は流体の密度) ,温度伝導率 κ=kcp を用いて,Pr=ν/κ とも表わされる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

法則の辞典の解説

プラントル数【Prandtl number】

流体の伝熱の解析に用いられる無次元数で,記号 Pr.流体の熱伝導性を代表するパラメータである.

で表されるが,運動粘度 ν(=μ/ρ)と温度伝導率 α(=k/Cpρ)との比に当たる.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のプラントル数の言及

【対流】より

…流れを代表する寸法をL,流体の熱伝導率をλとしたとき,NuhL/λで定義される無次元数をヌッセルト数Nusselt numberと呼ぶ。次元解析によると,ヌッセルト数は,強制対流の場合,同じく無次元数であるプラントル数Prandtl number(流体の粘性率をμ,定圧比熱をcpとして,cpμ/λで定義される)とレーノルズ数の関数に,また自然対流の場合にはプラントル数とグラスホフ数Grashof number(重力加速度をg,流体の動粘性率をν,熱膨張率をβとしてL3βg⊿T2で定義される)の関数になる。自然対流や強制対流での熱の見かけの移動の速度は,流れの状態が層流か乱流かにより大きく異なり,そのときの熱伝達をおのおの層流熱伝達,乱流熱伝達と呼ぶ。…

※「プラントル数」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

プラントル数の関連キーワードスタントン数定圧比熱定積比熱動粘性率粘度比熱比モル比熱マイヤーの関係式キルヒホッフの昇華熱の式グレーツ数

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone