コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

プロキシマケンタウリ Proxima Centauri

翻訳|Proxima Centauri

デジタル大辞泉の解説

プロキシマ‐ケンタウリ(Proxima Centauri)

ケンタウルス座にある、全天で太陽系に最も近い恒星。ケンタウルス座α(アルファ)星リギルケンタウルス)を構成する三重連星の第二伴星で、αA星(主星)・αB星(第一伴星)から0.2光年の距離を公転している。明るさ11等の赤色矮星で、太陽からの距離4.22光年。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

プロキシマケンタウリ

太陽にもっとも近い恒星。ケンタウルス座のα星〈リギルケンタウリ〉の伴星。実視等級10.7等,距離4.26光年。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

プロキシマケンタウリ【Proxima Centauri】

プロキシマ(プロクシマ)は,ラテン語で〈隣接したもの〉の意で,太陽にもっとも近い恒星。ケンタウルス座のα星であるリギルケンタウルスの伴星であり,フレア星でもある。X線や紫外線を強く放っている。概略位置は赤経14h40m,赤緯-60゜50′。スペクトル型はM5。実視等級10.7等。距離4.26光年。質量は太陽の0.1倍。直径は太陽の0.09倍。午後9時の南中は6月中旬。プロキシマケンタウリは,アルファケンタウリCとも呼ばれる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

プロキシマケンタウリ【Proxima Centauri】

太陽からの距離4.22光年で最も太陽系に近い恒星。三重星であるケンタウルス座アルファ星(マイナス0.3等)の第二伴星で11等の明るさ。南半球にあって日本からは見えない。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内のプロキシマケンタウリの言及

【ケンタウルス座】より

…視差は0.″750で,距離は4.3光年である。この星から2゜11′離れたプロキシマケンタウリは光度11等,M5型の赤色矮星(わいせい)でフレア星として知られている。この星の視差は0.″762,距離は4.28光年で太陽系にいちばん近い星になるが,固有運動値はα星と共通で,これと同一の体系をつくると考えられる。…

※「プロキシマケンタウリ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android