コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

赤色矮星 セキショクワイセイ

2件 の用語解説(赤色矮星の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

せきしょく‐わいせい【赤色×矮星】

主系列星のうち、質量が小さく暗い赤色の光を放つ恒星。太陽より小さく、核融合に使われる水素の量も少ないが、エネルギー消費がおだやかであるため、活動する期間はきわめて長い。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

赤色矮星
せきしょくわいせい
red dwarf

矮星(主系列星)のうちで、HR図の右下部に位置し、K型、M型のスペクトルを示す星(恒星)。表面が4000K(ケルビン)以下の低温度で、赤色に見えるのでこの名でよばれている。そのサイズは小さく、光度は低く、絶対等級は太陽より数等級ないし10等級以上も暗い。質量は太陽の0.8倍から0.1倍程度である。進化のスピードが遅く、主系列の滞在時間は数百億年以上である。また、フレア星(閃光星(せんこうせい))とよばれる爆発的な変光を示すものもある。
 赤色矮星の例として、太陽系にもっとも近い恒星のプロキシマ・ケンタウリがあげられる。また、グリーゼ581星は6個の惑星をもつ赤色矮星である。赤色矮星は太陽近傍の星の大多数を占め、銀河系全体でも圧倒的多数を占めている。そのため、全体の放射の量は無視できず、銀河面から数百パーセク以上離れた場所では可視光の大半が赤色矮星からのものと思われる。[前原英夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

赤色矮星の関連キーワード赤色巨星伴星矮星褐色矮星主系列星矮星(わいせい)気が小さい青色巨星炭素窒素サイクルチャンドラセカール‐シェーンベルク限界

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

赤色矮星の関連情報