コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

プログレッシブ・ロック プログレッシブ・ロックprogressive rock

翻訳|progressive rock

2件 の用語解説(プログレッシブ・ロックの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

プログレッシブ・ロック
プログレッシブ・ロック
progressive rock

ロック音楽の中でも,1970年代からシンセサイザーを多用して,電子音響に意匠を凝らした前衛的なもののこと。シンセサイザーの広範な普及後にも,その音づくりはいろいろな影響を与えた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

プログレッシブ・ロック

ロック音楽の一分野。略してプログレとも。クラシック現代音楽ジャズ等他ジャンルの音楽分野を融合した大作中心の指向を持つ一連のロック音楽をさす。1960年代末イギリスで発生し,ピンク・フロイドキング・クリムゾンらが活躍,その後全ヨーロッパに普及した。
→関連項目ロック

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典内のプログレッシブ・ロックの言及

【ジャズ】より

…一方60年代には,伝統的に黒人音楽に親近感を抱いてきたイギリスから,ビートルズ,ローリング・ストーンズといったグループが生まれ,プレスリーの影響を強くうけながらも,リズム・アンド・ブルースを基盤に世界的な人気者となった。60年代半ば,ジョン・コルトレーンの音楽に刺激されて,アメリカ西海岸ではサイケデリック・ミュージックpsychedelic musicがおこり(サイケデリック),ロックと結びついてハード・ロックhard rock,プログレッシブ・ロックprogressive rockとなり,ジャズをはるかに凌ぐ絶大な人気を得た。 1960年代まで〈リズム・アンド・ブルースは黒人の,ロックは白人のもの〉といわれ,ポピュラー音楽界は,圧倒的に白人グループの天下であったが,ロック・ギタリスト,ジミ・ヘンドリックスJimi Hendrix(1942‐70)が登場した頃から,音楽界での白黒の区別は消えた。…

【ロック】より

…舞台では音楽だけでなく照明などもその効果を高めるようくふうされた。(6)プログレッシブ・ロックprogressive rock ピンク・フロイドPink Floydやキング・クリムズンKing Crimsonなど,1970年前後を活動のピークとするイギリスの一連のグループがその典型だが,現代音楽やジャズのサウンドをも取り入れ,重厚な音を駆使した多彩な編曲で,ロックの音楽的高度化をはかる試みがなされた。 こうしたさまざまな試みが1970年代前半まで展開されたが,試行錯誤も出尽くしたころ,レコード産業全体が不況に見舞われたせいもあって,ロックは再び低迷期を迎え,70年代後半は,ディスコ・ブームという名の商業主義路線に主導された時期となる。…

※「プログレッシブ・ロック」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

プログレッシブ・ロックの関連キーワード黒人問題鉄鋼業自動車工業朝鮮映画永堀剛敏RCA市民運動醸造業中南米映画電子工業

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

プログレッシブ・ロックの関連情報