コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

プロトン性溶媒 プロトンせいようばい protic solvent

1件 の用語解説(プロトン性溶媒の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

プロトンせいようばい【プロトン性溶媒 protic solvent】

O-H,N-H,F-Hなどのプロトン供与性(水素原子をプロトンとして放つ性質)の基を含む溶媒。これに対し,プロトン供与性をもたない溶媒は非プロトン性溶媒nonprotic solventと呼ばれ,これは極性を有しない非極性非プロトン性溶媒と極性を有する極性非プロトン性溶媒に分けられる。代表的なものは,前者についてはヘキサンベンゼンのような炭化水素,後者ではエーテル類(例えばジエチルエーテルテトラヒドロフランなど),ジメチルスルホキシド(CH3)2SO(略称DMSO),ジメチルホルムアミド(CH3)2NCHO(略称DMF),ヘキサメチルホスホリックトリアミド[(CH3)2N]3P=O(略称HMPA)などである。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

プロトン性溶媒の関連キーワードアルキル基シランスターリングの補間公式エッチ微分係数Hα線殺人のHプロトンポンプH(エッチ)定理ボルツマンのH定理

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone