プロレス

百科事典マイペディアの解説

20フィート四方のリングの上で行われる興行としての格闘技。プロフェッショナル・レスリングprofessional wrestling,プロレスリングの略。 プロレスは,19世紀末に確立したといわれる。特に,第2次世界大戦後の米国で人気を博し,1948年には,世界最大の組織National Wrestling Alliance(NWA)が興行主の同盟組織としてつくられ,〈鉄人〉といわれたルー・テーズが長期にわたり君臨した。この他にも,異なった団体が次々に結成され,それぞれの世界王座を認定するようになった。 日本では,1953年,米国修行を終え帰国した力道山(元大相撲関脇)によって,日本プロレス協会が設立され,活動を始める。〈空手チョップ〉を武器に外国人と戦う力道山の姿は,敗戦後の国民に大きな感動を与え,折しも,民間テレビ放送の開始時期と重なり,プロレスを放送する街頭テレビの前には大勢の見物人が殺到した。その後,ジャイアント馬場,アントニオ猪木などがそれぞれの団体を組織し,外国選手を招いての試合興行や〈異種格闘技戦〉を行うなど,話題や人気を集めた。見るスポーツとして定着した感はあるが,他のプロスポーツやアマチュアスポーツのスペクタクルな展開により,一時ほどの人気はなくなりつつある。なお,1954年以来日本では,女子プロレスも行われており,1968年には全日本女子プロレスが結成されている。→レスリング

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

リング上で行われる興行としての格闘技でショー的要素が強い。プロフェショナルレスリングprofessional wrestlingの略。
[歴史]
 ギリシア・ローマ時代にはすでに職業レスラーが存在したが,現在のような形の興行としてのプロレスが確立されたのは19世紀末といわれ,1905年にはフランク・ゴッチが初代世界王者に認定されている。アメリカで人気が高まったのは第2次世界大戦後で,1948年には世界最大の組織National Wrestling Alliance(NWA),現World Championship Wrestling (WCW)がプロモーター(興行主)の同盟組織として作られ,〈鉄人〉と呼ばれたルー・テーズが長期にわたって王座を守った。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

プロレスの関連情報