プロレス

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

プロレス

力士からプロレスラーに転向した力道山空手チョップで外国人レスラーをなぎ倒して空前のブームを巻き起こした。63年に力道山が他界した後は「ジャイアント馬場・アントニオ猪木時代」が到来。猪木氏が72年に旗揚げした新日本プロレスは80年代にタイガーマスクらの登場で全盛を迎えた。その後、場外乱闘や派手な技を排除した前田日明選手率いるUWFがブームとなった。さらに多くの団体が生まれて群雄割拠となったが、選手が分散したり、中継が深夜帯に移ったりして人気が下降。一方でK―1などの格闘技の人気が高まった。

(2006-01-12 朝日新聞 朝刊 徳島全県 1地方)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

百科事典マイペディアの解説

プロレス

20フィート四方のリングの上で行われる興行としての格闘技。プロフェッショナル・レスリングprofessional wrestling,プロレスリングの略。 プロレスは,19世紀末に確立したといわれる。特に,第2次世界大戦後の米国で人気を博し,1948年には,世界最大の組織National Wrestling Alliance(NWA)が興行主の同盟組織としてつくられ,〈鉄人〉といわれたルー・テーズが長期にわたり君臨した。この他にも,異なった団体が次々に結成され,それぞれの世界王座を認定するようになった。 日本では,1953年,米国修行を終え帰国した力道山(元大相撲関脇)によって,日本プロレス協会が設立され,活動を始める。〈空手チョップ〉を武器に外国人と戦う力道山の姿は,敗戦後の国民に大きな感動を与え,折しも,民間テレビ放送の開始時期と重なり,プロレスを放送する街頭テレビの前には大勢の見物人が殺到した。その後,ジャイアント馬場,アントニオ猪木などがそれぞれの団体を組織し,外国選手を招いての試合興行や〈異種格闘技戦〉を行うなど,話題や人気を集めた。見るスポーツとして定着した感はあるが,他のプロスポーツやアマチュアスポーツのスペクタクルな展開により,一時ほどの人気はなくなりつつある。なお,1954年以来日本では,女子プロレスも行われており,1968年には全日本女子プロレスが結成されている。→レスリング

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

プロレス

リング上で行われる興行としての格闘技でショー的要素が強い。プロフェショナルレスリングprofessional wrestlingの略。
[歴史]
 ギリシア・ローマ時代にはすでに職業レスラーが存在したが,現在のような形の興行としてのプロレスが確立されたのは19世紀末といわれ,1905年にはフランク・ゴッチが初代世界王者に認定されている。アメリカで人気が高まったのは第2次世界大戦後で,1948年には世界最大の組織National Wrestling Alliance(NWA),現World Championship Wrestling (WCW)がプロモーター(興行主)の同盟組織として作られ,〈鉄人〉と呼ばれたルー・テーズが長期にわたって王座を守った。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

プロレス

興行として行われるショー的要素の強いレスリング。カウントスリーのフォール、またはギブアップで勝敗を決する。プロレスリング。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

在職老齢年金

就業している高齢世代にも一定の年金を支給する制度。2004年の年金改正で、就労を阻害せず、働くことに中立な仕組みにするため、60歳代前半の人には厚生年金(定額部分も含む)の一律2割カットの仕組みを廃止...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

プロレスの関連情報