コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

力道山 りきどうざん

8件 の用語解説(力道山の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

力道山
りきどうざん

[生]1924.11.14. 朝鮮
[没]1963.12.15. 東京
プロレスラー。本名百田光浩,旧名金信洛。現在の朝鮮民主主義人民共和国 (北朝鮮) に生まれたが,のちに長崎県大村市の百田家の養子となった。 1940年大相撲二所ノ関部屋に入門,1946年入幕。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

力道山

1924年11月生まれ。40年、大相撲の初土俵を踏み、最高位は関脇。50年に引退後、プロレス界の開拓者として、53年に日本プロ・レスリング協会を創設した。ルー・テーズシャープ兄弟ら米国の一流レスラーと戦う姿がテレビ中継され、国民的英雄となった。63年12月8日、東京・赤坂で、口論となった暴力団関係者に腹部をナイフで刺され、同15日に死去した。享年39。

(2013-12-12 朝日新聞 夕刊 1社会)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

りきどうざん〔リキダウザン〕【力道山】

[1924~1963]プロレスラー。朝鮮の生まれ。本名、百田光浩(みつひろ)。相撲界に入り、関脇の時にプロレスに転向。空手チョップを武器に人気を集めた。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

力道山【りきどうざん】

力士,プロレスラー。朝鮮生れ,本籍は長崎県。本名金信洛(キムシンラク),戸籍上の名は百田光浩(ももたみつひろ)。13歳の時に玉ノ海梅吉に見出され大相撲二所ノ関部屋へ入門。
→関連項目ジャイアント馬場

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

力道山 りきどうざん

1924-1963 昭和時代の力士,プロレスラー。
1924年11月14日朝鮮生まれ。昭和14年二所ノ関部屋に入門,24年関脇昇進。26年プロレスに転じ,空手チョップでプロレスブームの立て役者となる。ジャイアント馬場,アントニオ猪木らをそだてた。暴力団員にさされ,昭和38年12月15日死去。39歳。本名は金信洛(キム-シムナク)。戸籍名は百田光浩。
【格言など】天下の力道山はこんなことでは死なぬぞ(さされた直後のことば)

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版の解説

りきどうざん【力道山】

1924‐63(大正13‐昭和38)
日本プロレス界に一時代を築いたレスラー。朝鮮出身で本籍は長崎県。本名百田光浩。1939年二所ノ関部屋に入門,翌40年力道山の醜名(しこな)で初土俵,得意の張手で46年入幕,49年に関脇に昇進したが,50年8月夏場所後に引退,プロレスリングへ転向した。52年に渡米して修業後アメリカ国内を転戦,300戦して5敗の好成績をおさめた。53年に日本プロレス協会設立,54年2月招待した世界タグチャンピオンのシャープ兄弟との試合は,草創期のテレビで放映され人気を博した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

りきどうざん【力道山】

1924~1963) プロレスラー。朝鮮生まれ。大相撲力士として活躍後、プロレスに転向。空手チョップで人気を博し、プロレス興隆の基礎を作った。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

力道山
りきどうざん
(1924―1963)

昭和期の力士・プロレスラー。プロレスリング元インターナショナルヘビー級チャンピオン。第二次世界大戦前の朝鮮北部の生まれと伝えられるが、長崎県大村市の農業百田巳之助(ももたみのすけ)と養子縁組して本名百田光浩(みつひろ)。1939年(昭和14)大相撲(おおずもう)二所ノ関部屋に入門。40年の5月場所で初土俵。46年入幕。49年関脇に昇進したが、翌50年廃業。大相撲での成績は124勝70敗。51年元世界チャンピオン、ボビー・ブランズの協力でプロレスリングを始め、アメリカでプロレスラーとしての実績を積む。53年日本プロレスリング協会を設立。54年2月、世界タッグチャンピオン、シャープ兄弟を招いてプロレス興行を行い、武器とする空手チョップで巨漢のシャープ兄弟をたたきのめし、戦後の日本人の対アメリカ・コンプレックスを吹き飛ばし、大ブームをつくる。プロレスブームはテレビの普及にも貢献し戦後史を彩った。54年12月、柔道出身(元柔道日本選手権者)の木村政彦(まさひこ)を破り初代プロレス日本選手権者となる。58年、ルー・テーズを破ってインターナショナルヘビー級、62年フレッド・ブラッシーを破って世界ヘビー級など数々のタイトルを獲得。また、ジャイアント馬場、アントニオ猪木(いのき)など多くの後進を養成。日本にプロレスリング興行を確立したが、63年12月9日暴力団員に刺され、15日その傷がもとで死亡した。[櫻井康雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の力道山の言及

【プロレス】より

…このほかにもWWA,NWF,IWAなどの団体が結成されている。 日本では1951年に初めての本格的なプロレス興行に参加した元大相撲関脇の力道山が,アメリカ修行を経て53年に帰国,日本プロレス協会を設立し,翌54年〈空手チョップ〉を武器にシャープ兄弟らと戦い,一大ブームを巻き起こした。〈悪い外人〉をうち負かす力道山は敗戦後の沈滞,鬱屈した国民の気持ちを大いに刺激した。…

※「力道山」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

力道山の関連キーワードヒールフロレス島プロレスリングWRESTLE-1覆面レスラー週刊プロレスジッピープロレス記念日全日本プロレス日本プロレス協会

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

力道山の関連情報