コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヘカベ ヘカベ Hekabē

5件 の用語解説(ヘカベの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヘカベ
ヘカベ
Hekabē

ギリシア神話のトロイプリアモスの正妃。ヘクトルパリス,ポリュドロス,クレウサポリュクセネカッサンドラらの母。トロイ落城の際,娘たちとともにギリシア軍の捕虜となり,彼女自身はオデュッセウスに分配された。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

ヘカベ
ヘカベ
Hekabē

ギリシアのエウリピデスの悲劇。トロイの王妃ヘカベ主人公に,わが子を謀殺された彼女の嘆きと復讐を題材としたもの。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ヘカベ

ギリシア伝説のトロイアプリアモスの妻。ラテン名ヘクバHecuba。ヘクトル,パリス,カッサンドラらの母。悲嘆の果てに雌犬に変じ,キュノスセマ(〈犬の墓〉)に葬られたという。
→関連項目パリス

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ヘカベ【Hekabē】

ギリシア伝説で,トロイア最後の王プリアモスの妃。ラテン名はヘクバHecuba。ヘクトル,パリス,カッサンドラらの母。エウリピデスの悲劇《ヘカベ》(前424ころ上演)によれば,トロイアが陥落してギリシア軍の捕虜となった彼女は,ギリシアへ引かれて行く途中,アキレウスの墓前で犠牲に供されるべく,娘ポリュクセネPolyxenēをも手放さざるを得なかった。のち雌犬に変じ,トラキア地方のケルソネソス半島のキュノスセマ(〈犬の墓〉の意)に葬られたという。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ヘカベ
へかべ
Hekabe

古代ギリシアの悲劇作家エウリピデスの悲劇。上演年代不詳。紀元前424年ころか。
 トロヤ王プリアモスの妃ヘカベは、トロヤ陥落後、ギリシア軍将官オデュッセウスの戦利品となってほかのトロヤの女たちともどもギリシアへ赴く。その途中トラキアへ立ち寄ったとき、ギリシア軍はアキレウスの霊を慰めるため彼女の娘ポリクセネを生贄(いけにえ)に捧(ささ)げる。この不幸に加えて、トロヤ落城のおりひそかに逃がした末子ポリドロスの死が彼女を悲嘆の淵(ふち)に突き落とす。ポリドロスの死は、その亡命先のトラキア王ポリメストルの黄金に目がくらんでのしわざと知ったヘカベは、侍女たちの協力を得てポリメストルの目をつぶし、その2人の子供を殺して、息子の復讐(ふくしゅう)に成功する。
 劇は、一見二つの事件を安易につないだだけの感があるが、いずれもトロヤ陥落後の事件であり、戦争の悲惨さ、ことに婦女子の身の悲惨さを語って余すところがない。[丹下和彦]
『高津春繁訳『ヘカベ』(『ギリシア悲劇全集3』所収・1960・人文書院)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ヘカベの関連キーワードカルカスネオプトレモスパラディオンパラメデスプリアモスヘクトルヘレノスメムノンアエネアス新トロイア物語

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ヘカベの関連情報