コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヘゼレ Guido Gezelle

世界大百科事典 第2版の解説

ヘゼレ【Guido Gezelle】

1830‐99
ベルギー(フランドル)の詩人。植木屋の子としてブリュージュに生まれた。神学を修めてカトリックの聖職者となり,神学校の教師を経て,1865年からブリュージュとコルトレイクで司祭を務めた。教師時代から詩作に励み,《墓地の花》(1858),《詩・歌・祈り》(1862),《時の花冠》(1893),《詩線》(1897)などで,神と自然への賛美,郷土への熱烈な愛情をフランドル方言を駆使した簡素なスタイルでうたい,フランドル近代抒情詩の巨匠と仰がれるにいたった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ヘゼレ
へぜれ
Guido Pieter Theodoor Josef Gezelle
(1830―1899)

ベルギー、フランドルの詩人。詩ことばを使わないで、日常のフランドル語で書きつづった詩集『墓地の花』(1858)は、斬新(ざんしん)な試みとして注目された。リズムと語音のあやがその特徴。後期の詩集『時の冠』(1893)では、自然の甘美さと、宗教的、神秘的愛との一体化を歌い上げた。神学校の教師として人気があったが、政府の神学校教育方針と対立、辺地に神父となって左遷され(1871)、詩作、フランドル方言の研究に没頭、またここでロングフェローの『ハイァウァタ』(1886)を翻訳した。[近藤紀子]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のヘゼレの言及

【ベルギー】より

…その先駆はド・コステルCharles De Coster(1827‐79)(《オイレンシュピーゲルの伝説と冒険》)で,1881年から《若きベルギーJeune Belgique》誌によったベルハーレン,ロデンバック,メーテルリンクなどが,象徴主義の画家たちとも交流して,その全盛時代を築いた。フラマン語では,コンシャーンスHendrik Conscience(1812‐83)が,歴史小説《フランドルの獅子》(1838)でフラマン民族の覚醒を促し,ヘゼレも抒情詩で名高い。このほかベルギーの生んだ文化人としては,シムノン(文学),C.フランク(作曲),ピレンヌ(歴史学),ケトレ(統計学),メルシエ枢機卿(カトリック哲学),ミショー(文学,絵画)が著名で,自然科学の分野では,ボルデ(細菌学),ヘイマンス(生理学)の2人のノーベル賞受賞者を出した。…

※「ヘゼレ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ヘゼレの関連キーワードS. ストリューフェルスストリューフェルスストレウフェルス

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android