コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヘビー・メタル heavy metal rock

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヘビー・メタル
heavy metal rock

ヘビ・メタとも略される。ロック音楽の一傾向で,ハード・ロックの流れをくみ,大音響のギターや絶叫を伴うボーカルで,過激な表現を行なうもの。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ヘビー・メタル
へびーめたる
heavy metal

1970年代のハード・ロックをより重厚かつ荘厳、激しくスピーディーなサウンドとして継承したロックの一ジャンル。音色を歪ませた残響の長いギター・サウンド、重厚なリフレイン(楽曲を構成する基本フレーズ)とパワフルなドラムスが特徴で、しばしば大げさな様式性を示す。
 ヘビー・メタルという言葉を文学表現で最初に使ったのは、ビート世代の作家ウィリアム・バローズであるとされているが、ロック・ミュージックの一ジャンルの呼び名として用いられたのは、ブルー・オイスター・カルトという、主に70年代中期に活躍したニューヨークのグループについてのものが最初であった。彼らやブラック・サバスが打ち出した、悪魔崇拝やホラー、オカルトのイメージを、金属的で重厚なハード・ロックで展開するグループを指すジャンルとして、ヘビー・メタルは定着していく。
 70年代末には、当時隆盛を極めたパンク・ロックの影響を受け、より攻撃性とスピード感を増したヘビー・メタルのグループがイギリスを中心に多数出現した。このヘビー・メタル流行はNWOBHM(New Wave of British Heavy Metal)と呼ばれ、アイアン・メイデンやジューダス・プリースト、デフ・レパードらが人気を博した。80年代のアメリカでもヘビー・メタルは人気を呼び、またイングウェイ・マルムスティーンYngwie J. Malmsteen(1963― )やジョー・サトリアーニJoe Satriani(1956― )といったギター・ヒーローはギター少年たちのアイドルとなる。ヘビー・メタルはスタジアム・コンサートに数万人の観客を集めるまでに巨大産業化した。メタリカがノイジーなまでに激しく強烈なスピードを特徴とするスラッシュ・メタルを生んだ80年代後期には、デス・メタル(スラッシュ・メタルと対極的に、極度に遅いテンポで押し殺したような陰鬱なサウンドを特徴とするヘビー・メタル)、ドゥーム・メタル(絶叫調のボーカルとノイジーなサウンドで死や悪魔的イメージを描くヘビー・メタル)など多くのサブジャンルが生じた。これらのサブジャンルはヘビー・メタルの方向性をそれぞれによりいっそう追求したものだったが、一般に受け入れられるには過激すぎた。
 90年代に入ると、グランジ/オルタナティブの流行によって、ヘビー・メタルの隆盛にも陰りが見られるようになる。その後一部の正統的グループ以外のヘビー・メタル・グループは、アンダーグラウンドなロック・シーンへと沈潜し、かつて固守していた様式性を放棄してパンクやグランジ、インダストリアルなどの他ジャンルと混淆(こんこう)を深めている。[増田 聡]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のヘビー・メタルの言及

【ロック】より

…強烈なビート,最大限に音量を増幅したエレクトリック・ギター,金切り声のボーカルを特徴とする,最もロックらしいロック。この系統で,様式化した緊張感の演出を極度に推し進めたものを,70年代の終りからヘビー・メタルheavy metalと呼ぶようになり,若年層の人気を集めている。(2)ブルース・ロックblues rock 1960年代なかば,イギリス,アメリカ両方で,本来は黒人音楽だったブルースを,好んで演奏する白人ギタリストが人気を集めた。…

※「ヘビー・メタル」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ヘビー・メタルの関連キーワードバーンスタイン(Elmer Bernstein)インダストリアル・ミュージックジェームス ヘットフィールドベック(Jeff Beck)ブルース ディッキンソンブライアン ジョンソンマーティ フリードマンレッド・ツェッペリンイアン アンダーソンアイバン ライトマンクリフ ウィリアムズBABYMETALオジー オズボーンヨンネ ヤルヴェラディープ・パープルキング・クリムゾンロブ ハルフォードラーズ ウルリッヒモトリー・クルーカレッジ・ラジオ

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android