ヘルトリング(英語表記)Härtling, Peter

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヘルトリング
Härtling, Peter

[生]1933.11.13. ケムニッツ
[没]2017.7.10. リュッセルスハイム
ドイツの詩人,小説家。第2次世界大戦中,父に従ってチェコスロバキア,オーストリアを移動した。1952年以降ジャーナリストとなり,1967~73年フィッシャー書店の編集者として勤めていたが,1974年から作家活動に専念する。『泉水』Unter den Brunnen(1958)などの抒情詩から小説に進み,『家族の祝宴』Das Familienfest(1969)などを著した。また,現実に目をすえた青少年向けの作品も多く発表し,『おばあちゃん』Oma(1975)でドイツ青少年文学賞を受けた。ほかに,『ヒルベルという子がいた』Das war der Hirbel(1973),『ヨーンじいちゃん』Alter John(1981)などがある。

ヘルトリング
Hertling, Georg, Graf von

[生]1843.3.31. ダルムシュタット
[没]1919.1.4. ルーポルディング
ドイツの政治家,哲学者。 1880年ボン大学,82年ミュンヘン大学各教授。中央党の帝国議会議員 (1875~90,96~1912) 。 1912年バイエルン首相兼外相。 17年 11月帝国首相兼プロシア首相となり軍の独裁に抵抗,18年西部戦線におけるドイツ軍最後の攻勢の失敗後,連合国と対等の立場での和平交渉を試みたが失敗して解任された。哲学者としては新トマス派に属し,神学的目的論の立場から政治哲学,社会哲学を確立しようとした。主著『自然法と社会政策』 Naturrecht und Sozialpolitik (1893) ,『法,国家,社会』 Recht,Staat und Gesellschaft (1906) ,『わが生涯の回想』 Erinnerungen aus meinem Leben (2巻,19~20) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

テレワーク・デイズ

働き方改革の一環として、自宅や出先の事務スペースで勤務する「テレワーク」の一斉実施を政府が推奨する運動。2020年に東京オリンピックの開会式が予定される7月24日を「テレワーク・デイ」と位置づけて参加...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ヘルトリングの関連情報