コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ベストゥージェフ Aleksandr Aleksandrovich Bestuzhev

3件 の用語解説(ベストゥージェフの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ベストゥージェフ【Aleksandr Aleksandrovich Bestuzhev】

1797‐1837
ロシアの作家,批評家。筆名マルリンスキーMarlinskii。近衛連隊の将校であったが,デカブリストの乱に参加して逮捕され,カフカスへ送られて山岳民との戦闘中に戦死した。文学者としてはルイレーエフとともに文集《北極星》(1823‐25)を刊行してロマン主義擁護の論陣を張り,誇り高い個人が社会と衝突する小説を書いた。流刑後も旺盛な作家活動を続け,起伏に富む筋立てと華やかな文体の歴史小説,戦争小説によって1830年代には最も人気ある作家の一人となり,レールモントフにも影響を与えた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ベストゥージェフ
べすとぅーじぇふ
Александр Александрович Бестужев Aleksandr Aleksandrovich Bestuzhev
(1797―1837)

ロシアの作家。筆名はマルリンスキーМарлинский/Marlinskiy。名門の貴族に生まれる。近衛(このえ)士官として勤務するかたわら、ロマン主義の立場から詩人ルイレーエフとともに文集『北極星』(1823~25)を刊行、評論に健筆を振るった。1825年のデカブリストの蜂起(ほうき)に参加して捕らえられ、最初シベリアへ、ついで一兵卒としてカフカス(コーカサス)へ送られ、山岳民との戦闘で戦死した。流刑中にも数多くの歴史小説や民俗学的著書を書いた。代表作『アマラト・ベク』(1832)をはじめとする歴史小説は波瀾(はらん)に富む筋立てと華麗な文体で人気を博した。[灰谷慶三]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

ベストゥージェフの関連キーワード蔀関月会津屋八右衛門大野広城オーガスタ徳川家慶科学史パニッツィマン茨田郡士山田屋大助

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone