コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ベニマシコ(紅猿子) ベニマシコ long tailed rosefinch

1件 の用語解説(ベニマシコ(紅猿子)の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ベニマシコ【ベニマシコ(紅猿子) long tailed rosefinch】

スズメ目アトリ科の鳥(イラスト)。全長15cm。スズメより体は小さいが尾は長い。雌雄異色。雄は全体にばら色で,頭上とほおはばら色を帯びた銀白色,背に褐色の縦斑がある。翼に白帯が2条あり,外側の尾羽も白い。雌はばら色の代りに黄褐色。アジア東部に分布し,シベリア南東部,中国北部,沿海州サハリンなどで繁殖する。日本では北海道下北半島で繁殖し,本州以南に冬鳥として渡来する。林縁,疎林,湿地林などの低木やササの茂るところにすみ,林に近い人家の庭木や生垣にも現れる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ベニマシコ(紅猿子)の関連キーワード家雀花鳥小椋鳥猿子入内雀紅雀花鶏岩雲雀川烏

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone