コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ベニマシコ(紅猿子) ベニマシコlong tailed rosefinch

世界大百科事典 第2版の解説

ベニマシコ【ベニマシコ(紅猿子) long tailed rosefinch】

スズメ目アトリ科の鳥(イラスト)。全長15cm。スズメより体は小さいが尾は長い。雌雄異色。雄は全体にばら色で,頭上とほおはばら色を帯びた銀白色,背に褐色の縦斑がある。翼に白帯が2条あり,外側の尾羽も白い。雌はばら色の代りに黄褐色。アジア東部に分布し,シベリア南東部,中国北部,沿海州サハリンなどで繁殖する。日本では北海道と下北半島で繁殖し,本州以南に冬鳥として渡来する。林縁疎林,湿地林などの低木やササの茂るところにすみ,林に近い人家の庭木や生垣にも現れる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

ベニマシコ(紅猿子)の関連キーワードスズメ

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android