コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ベニン・シティ ベニンシティ

百科事典マイペディアの解説

ベニン・シティ

ナイジェリア南西部,ギニア湾岸から約90km,ニジェール川三角州にある都市。交通,商業の要地で空港がある。ゴム,ヤシの栽培,木材加工などが行われる。13世紀ころヨルバ人が一帯にベニン王国を建国,その主都として整備され繁栄した。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ベニン・シティ
べにんしてぃ
Benin City

西アフリカ、ナイジェリア南部、エド州の州都。ニジェール川デルタの北西部に位置する。人口22万3900(1995)。15~17世紀に栄えたベニン王国の首都。かつては規模が大きく、よく整備された都市であったが、1897年にイギリスとの間で殺害事件が起きて焼き払われた。しかし城壁の跡はいまも町に残っている。13世紀にさかのぼるといわれる青銅細工や木彫品は有名である。現在はラゴスへの高速道路も完成し、商業都市として発展しつつある。製材、ゴム加工、ビール醸造の工場がある。ベニン大学の所在地。[島田周平]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例