コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ベネディクツス8世 ベネディクツスはっせいBenedictus VIII

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ベネディクツス8世
ベネディクツスはっせい
Benedictus VIII

[生]?. ツスクルム?
[没]1024.4.9.
ツスクルム出身とされる第143代教皇(在位 1012~24)。本名 Teofilatto。有力貴族ツスクルム家の出身。前任のセルギウス4世(在位 1009~12)はツスクルム家と敵対するクレスケンチウス家が擁立した教皇だったが,その死後に後継として同家が推薦した対立教皇グレゴリウス6世(在位 1012.5.~12.)を退けて登位した。神聖ローマ皇帝としてハインリヒ2世(在位 1014~24)を戴冠し,関係を維持した。北イタリアへ侵攻したサラセンを駆逐し,ノルマン人を援助して南イタリアのビザンチン帝国の勢力と対抗するなど,軍事遠征に力を入れた。またクリュニー修道院の院長オディロと親交を深め,ベネディクト会が主導する修道院改革運動を支援し,聖職者の結婚と聖職売買を禁じた。死後,ローマ市長を務めた弟がヨハネス19世(20世。在位 1024~32)として教皇位を引き継いだ。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ベネディクツス8世の関連キーワードヨハネス19世(20世)

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android