コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サラセン サラセンSaracen

翻訳|Saracen

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

サラセン
Saracen

西アジアのイスラム教徒をさすヨーロッパ人の呼称。古くはギリシア・ローマ人がシリア砂漠の遊牧民を Saraceniと呼んでおり,7世紀のイスラムの勃興からはビザンチン人がイスラム教徒一般をさす言葉としてこれを採用し,十字軍を通して西ヨーロッパにもこの呼称が広がった。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

サラセン(Saracen)

古代ローマ人がシリア付近のアラブ人に対して用いた呼称。中世ヨーロッパではイスラム教徒をさす言葉として用いられ、イスラム帝国・イスラム文化を、サラセン帝国・サラセン文化などと呼んだ。唐名、大食(タージー)。→タージー

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

サラセン【Saracen】

ヨーロッパの,とくに中世において用いられたイスラム教徒(ムスリム)に対する呼称。古くは,ギリシア人やローマ人が,シリアやアラビア半島のアラブをさして呼んだギリシア語のサラケノイSarakēnoi,ラテン語のサラケニSaraceniなどの語に由来するが,その語源はアラビア語のシャルクsharq(〈東〉の意),サフラーṣaḥrā’(〈砂漠〉の意)など諸説があり,定説はない。2世紀のプトレマイオスはその地理書で,サラセンの語を用いてアラブに言及している。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

サラセン【Saracen】

ヨーロッパで、古代にはシリア付近にいたアラブ人の、中世にはイスラム教徒の総称。特に、七世紀にアラビア半島に興ったイスラム帝国の通称。 〔この語には、イスラムに対する誤った理解がつきまとうとして、近年ではほとんど用いられない〕

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内のサラセンの言及

【アラブ】より

…アラブという語はその後一貫して,歴史史料においても文学作品においても遊牧民(ベドウィン)を意味し,現在でもアーンミーヤ(口語アラビア語)でアラブといえば遊牧民を意味する。十字軍の年代記類にあっても,アラブといえば遊牧民をさし,イスラム教徒の定住民はサラセンとよばれている。
[現代のアラブ]
 中東のアラブ地域がトルコ人の支配に帰し,トルコ語が公用語となったオスマン帝国時代に,トルコ人がアラブ地域の住民をアラブとよんだこともあって,アラブ意識が徐々に芽生え始めたようである。…

※「サラセン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

サラセンの関連キーワードペトルス・ウェネラビリスオーカッサンとニコレットステファヌス5世(6世)ティルマライナーヤカ宮殿サンチョ7世(強力王)サラセン人の馬上槍試合アーサンモンジールベネディクツス3世狂乱のオルランドロンセスバリェスピサのドゥオーモビクトリア記念堂カルル・マルテルハドリアヌス3世アルベリック1世ウブディアモスクセルギウス2世コールハープルビダーナサウダアーダルハルト

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android