コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ベラフォンテ Belafonte, Harry

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ベラフォンテ
Belafonte, Harry

[生]1927.3.1. ニューヨーク
アメリカのポピュラー歌手。映画俳優。少年時代を西インド諸島のジャマイカで過した。初め舞台俳優を志したがフォーク歌手に転じ,1951年『バナナボート』などジャマイカの民俗音楽カリプソを紹介して世界的に知られた。 54年には映画『カルメン』に主演,以後ステージと映画で活躍している。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

ベラフォンテ

米国の黒人歌手,映画俳優。ニューヨークに生まれ,少年時代の4年ほど,母の故郷ジャマイカで過ごした。ニューヨークに戻ってハイ・スクールを卒業,俳優学校に学び,1949年ジャズクラブの歌手としてデビュー。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ベラフォンテ【Harry Belafonte】

1927‐
アメリカの黒人歌手,俳優。ニューヨーク生れであるが,少年時代に4年ほど母親の故郷であるジャマイカで過ごした。演劇研究生,ジャズ・クラブ歌手を経て,1951年に民謡歌手としてデビュー,56年に出した3枚目のLP《カリプソCalypso》とその中の1曲《デイ・オーDay O》が大ヒットした。映画には54年から出演し,《拳銃の報酬Odds Against Tomorrow》(1959)では主演だけでなく製作をも手がけた。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ベラフォンテ
べらふぉんて
Harry Belafonte
(1927― )

アメリカのフォーク、ポピュラー歌手、映画俳優。ニューヨーク生まれ。本名ハロルド・ジョージ・ベラフォンテHarold George Belafonte。父は西インド諸島のマルティニーク島、母はジャマイカ島の出身。9歳から13歳までは母と弟とともにジャマイカのキングストンで生活する。第二次世界大戦中の1944年に志願してアメリカ海軍に入隊。除隊後の45年末に俳優を志して演劇研究所に通う。歌う役を演じたのをきっかけに49年歌手としてデビューした。52年にRCAレコードと契約、同年末『スカーレット・リボン』Scarlet Ribbonsがヒット。53年に映画『輝く路』、ブロードウェイのショー『ジョン・マレイ・アンダーソンのアルマナック』に出演。56年にアルバム『ベラフォンテ』『カリプソ』が大ヒットとなる。57年『バナナ・ボート(デイ・オー)』Banana Boat (Day-O)がミリオンセラーを記録、世界的なカリプソ・ブームを巻き起こす。59年にカーネギー・ホールでのコンサートを成功させ高い名声を得た。
 1960年代以降は黒人の地位向上に努力し、63年のワシントン大行進にも参加。グラミー賞はアルバム『スウィング・ダット・ハンマー』Swing Dat Hammerで60年度最優秀フォーク賞、南アフリカ人歌手ミリアム・マケバMiriam Makeba(1932―2008)との共作『アン・イブニング・ウィズ・ベラフォンテ/マケバ』An Evening with Belafonte/Makebaで65年度最優秀フォーク録音賞を受賞している。85年にアフリカ飢餓救済チャリティー「USA・フォー・アフリカ」結成を提唱し『ウィ・アー・ザ・ワールド』We are the Worldを録音。出演映画は『カルメン・ジョーンズ』(1954)、『拳銃の報酬』(1959)、『アップタウン・サタデイ・ナイト』(1974)、『カンザス・シティ』(1996)ほか。[青木 啓]
『Genia Fogelson:Harry Belafonte;Singer and Actor(1999, Melrose Square Publishing Company)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ベラフォンテの関連キーワードフェリオス・ゴードン オデッタラルフ マクドナルドダイアン リーブスミリアム・マケバカリプソ(歌)バナナ・ボート公民権運動3月1日ハーレム

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android