コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ベリョ Bello, Andrés

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ベリョ
Bello, Andrés

[生]1781.11.29. カラカス
[没]1865.10.15. サンチアゴ
ベネズエラの詩人,法学者,文法学者。青年時代には新古典派風の詩を書いたが,ラテンアメリカの独立運動に積極的に参加。 1810年ベネズエラ革命会議出席のためにロンドンに渡り,以後 19年間イギリスにとどまり,母国の革命政府のために献身的に働きながら,言語学,文学,哲学,法律などを研究。 26年『アメリカ目録』 El repertorio americano誌を創刊,そこに代表作であるロマン主義的な『熱帯地域の農耕への歌』 Silva a la agricultura de la zona tórrida (1826) を発表。 29年チリの外務省に職を得,サンチアゴに移った。 42年チリ国立大学を創立し,初代総長に就任。またチリの民法 (55公布) の編纂に参画。ほかに『カスティリア語文法』 Gramática de la lengua castellana (47) など。

ベリョ
Bello

コロンビア北西部,アンティオキア州南部の都市。州都メデリンの北郊,アンデスの中部山脈中,標高約 1495mの地にあり,マグダレナ川水系ポルセ川にのぞむ。かつては肥沃な農業地帯の中心地であったが,現在はメデリンを中心とした工業地帯の一部をなし,繊維工業などが立地する。メデリンと鉄道,道路で連絡。人口 20万 8439 (1985) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ベリョの関連キーワードアマゾン・ハイウェーダルゴムイシスキーマデイラ[川]チュメニ油田11月29日オステルマンロンドニア州ブラジリアベラクルスコルイマ川メンシコフギッピウスマデイラ川ノバリママナウスドレーククイアバフロレススリコフニコライ