コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ベルギー独立戦争 ベルギーどくりつせんそう

1件 の用語解説(ベルギー独立戦争の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ベルギーどくりつせんそう【ベルギー独立戦争】

1830年8月にフランス七月革命に触発されて勃発したベルギー独立革命と,それに続くオランダベルギー,フランス,イギリスの戦争をいう。ウィーン会議(1814‐15)の結果フランスから切り離され,国民の意志に反してウィレム1世を国王とするネーデルラント王国に編入されたベルギーでは,その非民主的政治体制,とりわけベルギーに対する差別や,オランダ商業資本の利益に沿いベルギー産業資本をイギリスの競争にさらす自由貿易政策に対するブルジョアジー=自由主義者の不満が高まった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

ベルギー独立戦争の関連キーワード民衆を導く自由の女神シャルル赤と黒お蔭参り七月革命歌川広重(初代)大塩平八郎天童藩強制栽培制度天保

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone