ベローシファカ(英語表記)Propithecus verreauxi; Verreaux's sifaka

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ベローシファカ
Propithecus verreauxi; Verreaux's sifaka

霊長目インドリ科。キツネザル近縁の原始的サル。体長 39~48cm,尾長 50~60cm,体重 3.5~4.5kg。体色は個体により変異があり,純白から褐色までさまざまであるが,顔と耳は黒い。ほとんど樹上で生活し,長い後肢で枝から枝へ跳躍する。地上を移動するときは後肢で直立し,前肢をバンザイするように上げてとびはねる。普通雌雄から成る3~12頭の群れで行動する。昼行性。警戒するとき,「げばが,げばが」という大声をあげる。おもに葉や果実を採食する。雌は3歳くらいから子を生むようになり,2~3月頃いっせいに発情する。妊娠期間約 160日,出産は6~7月頃で1産1子。子は無毛で皮膚が黒い。生後5ヵ月で離乳する。マダガスカル島の南部,西部の乾燥した疎林分布。現地では食用に捕獲されるうえ,生息環境の変化もあり,数が減っている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内のベローシファカの言及

【シファカ】より

…インドリに近縁な霊長目インドリ科シファカ属に属する原猿の総称。シファカ属は,カンムリシファカPropithecus diademaとベローシファカP.verreauxi(イラスト)の2種がいるが,そのそれぞれが体色の顕著な変異に基づいて多くの亜種に分けられており,これらを二つの種にまとめることには異論もある。ただ,前者はマダガスカル島東海岸沿いのより湿潤な地域に,後者は西海岸沿いのより乾燥した地域に分布しており,分布域は重複していない。…

※「ベローシファカ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android